広告

【美肌】「夏といったら“緑茶”」です~緑茶が美肌をつくる~

肌をもっとキレイにしたいなら…

積極的に“緑茶”を飲んでいきましょう!

なぜ緑茶が肌にいいの?

日々のスキンケアに気を配るのはもちろん、“肌のため”には日頃から食べ物・飲み物にも気を付けるようにするのが大切です。

これは逆に言えば…食べ物や飲み物をちょっと意識するだけで、手軽に肌に嬉しい効果が期待できるということ!

なかでも、いま“美肌に効果的”と注目が高まっている食品が“緑茶”です。

理由は、緑茶には、美肌づくりの強力な味方になってくれるビタミンCとカテキンが豊富なため。

また緑茶は、熱などで壊れやすいビタミンCを効率よく摂取できる数少ない食品でもあるからです!

さて…ビタミンCの美肌パワーについては既にご存知の方も多いはず。

「メラニン色素の沈着防止」や「コラーゲン生成のサポート」など、透明感とハリのある美肌づくりを応援してくれる効果が期待されている成分こそ、このビタミンC! 

困った性質とは

ところがビタミンCには、ある困った性質があります。

それは、ビタミンCは、我々の体内では生み出すことができないということ。

しかもビタミン(とりわけビタミンC)は、食品から摂ろうにも酸化・加熱によって壊れやすいため、上手く身体のなかに取込むのが難しいものでもあるのです。

例え、ビタミンCが豊富とされる野菜を日々食べていたとしても、茹でたり炒めたりしている過程で多くのビタミンCが失われていってしまうため(調理法によっては半分以下にまで)、なかなか思うようにビタミンCが摂れていなかったりすることも…。

ただ“緑茶”は、そこがスゴイんです!

蒸すという緑茶ならではの製造工程、緑茶にしかない抗酸化力抜群の「茶カテキン」成分が、壊れやすいビタミンCの分解を抑制してくれるため(熱いお湯のなかでも)緑茶のビタミンCは壊れにくいのです。

よって、緑茶を飲めば効率よくビタミンC摂取ができるということ(ちなみに同じお茶でも、作り方が違う紅茶や烏龍茶には緑茶ほどのビタミンCは含まれません)!

シミ・タルミなどの防止に役立つビタミンCを効率よく摂取したいなら緑茶!

カテキンにもまた肌の糖化・酸化を抑制する効果が期待されてもいますしね !

よって特に夏場の紫外線が厳しいシーズンや、肌荒れが気になった時には、ダメージから肌を守ってくれる緑茶がオススメですよ!

なお、厚生労働省が推奨する成人男女における1日のビタミンC摂取目安は100mgとされており、緑茶1杯(150ml)に含まれるビタミンCの量はおよそ6㎎です(ビタミンCの量はお茶の種類によって異なり最も多いのは煎茶)。

*お茶はカフェインも含んでいるためその点には注意をしながら飲んでください。

広告