広告

【若々しさを維持】白髪になりにくくするために

白髪になる要因にはいろいろなものがありますが、まずは髪の毛が黒くなる構造を理解すると、その対策を理解しやすくなります。
私たちは、もともと黒い髪が色が抜けてしまっている、と考えがちですが、生まれたばかりの髪の毛は元々が白髪になっています。
この白髪に、色素幹細胞というものがメラニンを作り出し、この色が髪の毛について黒い髪が生み出されています。
加齢などが進み、この色素幹細胞の機能が失われてしまうことで、白い髪に色がつかなくなるため、白髪が生えてくる、ということにつながっていきます。

つまり、白髪になりにくくするためには、この色素幹細胞の機能を失わせず、なるべく元気にしてあげることが必要になり、日常生活の中で無意識に行なっている行為でも、色素幹細胞を壊してしまう習慣や行動がたくさんあるのです。

例えば、頭皮への直接のダメージは、やはり白髪の発生を促してしまう要因になるでしょう。
その中でも最も頭皮にダメージを与えるものは紫外線になります。過度の紫外線は、皮膚にダメージを与える原因の一つになっており、頭皮も皮膚の一部であるために、その例に漏れずダメージを受けます。
日傘や帽子などで頭皮を守るということが効果的であり、日差しの強い時間帯には、こうしたものでダメージを軽減するのがいいでしょう。

頭皮を清潔に保つことは、白髪の発生を食い止めるためには効果的ですが、過剰な洗髪や強い洗剤を使うなどをした場合には、逆に頭皮を痛めてしまうこともあるために注意が必要です。
頭皮のことを考えるのであれば、刺激が弱い弱酸性のものを用い、頭皮をマッサージするようにして優しく洗髪を行うことが望ましいでしょう。
また、頭皮をマッサージすることにより血行が促進されて毛根にも充分な栄養が行き届くようになるために、薄毛の予防にもなります。

この他にも、喫煙などは血管を収縮させるために頭皮に血流が巡りにくくなるために白髪の原因になり得ます。
また、髪の成長が最も促される時間帯は、夜の10時から午前2時の4時間とされていますので、この時間にいかに効率の良い睡眠が取れるかによっても、白髪の発生に影響が出ることがありますので、しっかりと質の高い睡眠をとってストレスを解消し、色素幹細胞を健康に保つように心掛けましょう。

広告