広告

大人ニキビができてしまう理由、原因とは

気になる吹き出物、大人ニキビができてしまうと気分も憂鬱になります。この原因はだいたいがホルモンバランスの影響だと言われています。女性の場合、生理前になると調子が優れなくなるのと同時にニキビができやすくなる傾向があります。これは黄体ホルモンという皮脂分泌を促進するホルモンが活発になるからです。もちろん男性ホルモンにも同様の働きをするホルモンがありますが、こちらはストレスに影響されて増加すると言われています。

ストレスをマックスにしないことがニキビ治療の優先事項

ニキビかな?と思ったら、まず最近ストレスを感じたことがなかったか考えてみましょう。学校や仕事、引越しなどで環境が変わった、もしくは失恋した、大事な人やペットを亡くしたなど精神面でのダメージなど・・・。ストレスの要素が限定されているものであればニキビも時間と共に引いていくかもしれません。しかし、逆にストレスが溜まる一方であれば、引いていくどころか悪化してしまうおそれもあります。

薬も上手に服用して大人ニキビの対処を

ホルモンバランスが崩れたことがきっかけで吹き出てしまう大人ニキビの場合、突然パーッと広がってしまい、治るまでに時間がかかることがあります。また、痕も残ってしまうこともあり、薬や漢方などを利用してひどくならないように防ぐことが大事です。

新たなストレスを溜めないためにも、メイクはOK

ニキビが気になって外出できない、でも化粧品はニキビ悪化の元にはならないのでしょうか・・・。メイクで隠せるならば隠しても大丈夫です。

ニキビが出ている肌の状態にメイクを施すのはあまりよくありませんが、それ以上にニキビが原因で人に会いたくない、気になって顔をさらして歩きたくない、というような精神面でのストレスが増幅する方が問題なのです。これが新たなストレスとなってニキビを増加させてしまうこともあるので、軽くファンデーションなどを使ってカバーして外出することは悪いことではありません!

但し以下の点を必ず実行しましょう。
・帰宅したらメイクはすぐに落とす
・基本家にいる時はメイクしない
・在宅中は前髪など髪の毛が顔に触れないような髪形をする
・薬は用法用量を守り必ず服用する
・できるだけ肌の保湿をする

ニキビは心身の状態を映す鏡でもあります。もしニキビができてきたなら、何かストレスを抱えていないか、生活習慣なども一緒に見直してみましょう。自分にとって何がリラックスできるかを考えてみたり、もし生理周期などが要因であれば婦人科を受信することも一つの解決策です。

広告