広告

晩婚化での家計管理の4つの秘訣とは

近年でも晩婚化は進んでおり、若い世代では結婚のへの希望はあるものの、実際の生活や経済状況を考えると、結婚をリアルには考えられないという人達も増えてきています。

こうしたこともあり、遅く子供を持つ夫婦も増え、その生活のスタイルなどもこれまでとは大きく様変わりしている現実があります。

親となる世代の年齢が上がったために、実際に子育てを行う育児期間は、体力面で苦労が伴うものの、これまでに長く共働きであったり、また仕事上でのキャリアも多く持っている人たちが多く、金銭的にも精神的にも豊かであり、人間面でも大きなゆとりを持って子育てを行っている夫婦がたくさんいます。

これにともない、これまでとは違うライフスタイルの設計が求められるようになり、特に経済面において注意を留めておきたいポイントが幾つかあります。

1.マイホームを買う際には

マイホームを建てようという場合には、住宅ローンを組んでということになるかと思いますが、今後に様々な出金の予定があることも忘れてはいけません。

退職金などを当てにしてのローンプランを立ててしまうと、自分の労働能力が下がった場合などに対応ができなくなる可能性があります。

また、これから先の社会経済の動向もありますので、こうしたことに左右されやすい変動金利型や短期固定金利選択型のローン借り入れは避けたほうがいいでしょう。

2.教育資金の準備も

子供の教育の資金もしっかりと考えておく必要があり、もちろん、資金が足りないからと言って子供の成長を止めることはできませんので、ライフスタイルの設計のある程度の主軸に据えて考えておいたほうがいいでしょう。

小中高を公立に通い、大学を私立に通うとした場合には、おおよそ400万円から600万円は必要になり、大学を下宿などにする場合には更に200万円程度の上乗せ分が必要になります。

大学までを全て私立に通うのであれば、これらにおおよそ1000万円の上乗せを考えて置くべきであり、こうした支出に耐えられるような計画が必要なのです。

3.老後資金の準備もする

晩婚をし、遅くに子供を設けた場合には、住宅や教育などでの資金繰りが期間的に重なるために、自分たちの老後のための資金計画が疎かになりがちであり、また、ついつい後回しにしてしまうケースも多くなります。

しかしながら、後回しにして置けるほどの時間がないことも確かな事実であり、一気に貯めることのできない金額でもありますので、早い段階からこつこつと計画的に準備をしておかなくてはなりません。

どのぐらいの金額を目標にするかは、求める生活のレベルによって様々に違いますが、老後に必要とされる資金の目安は一般的に3000万円とされていますので、これを目標にしておくのがよいでしょう。

4.親の介護も考慮する

自分たちの老後の計画に、自分たちの親の介護などの資金なども含めて計画をとっておくのがいいでしょう。

どのような形で資金が必要になるのかは状況などにより違いがあると思いますが、おおよそ400万円前後の資金を、念のために準備しておきましょう。

このようなことを念頭に置いて計画を立てておけば、休職をせねばならない状況などになった場合にでも対応がとれますし、もし使わなかった場合には、そのまま自分たちの老後資金への上乗せすることができます。

広告