広告

【ねらい目ビジネス】これからアツい話題の9手法

2. せどり

せどりとは、いわゆる仲買人になり、購入した商品を転売することによって、その売買の差額から利益を得ていく商売になります。

かつては、目利きの古書買人や古物商やなどが全国を回り、その目利きによって掘り出してきた商品を買い付けて、同業者に販売したり、顧客から注文を受けた商品を探し出して利益を取るという形で行われていました。

現在のせどりの多くは、中古品を売買するものが多く、漫画や小説やグラビア写真集、音楽CD、DVD、ゲームソフトなどを中古販売店などから安く買い、それらを別の顧客に対して高く転売することによって、利益を得るものが一般的となっています。

こうしたことの背景には、ヤフーやAmazonなどの既存のサービスを利用することによって、簡単にせどりが行えるようになったという事が背景にあるでしょう。

販売ルートが確保されているために、運営側は商品を仕入れる作業をするだけでよく、労力が少なくて済むのです。

デメリットとしては、安定した収入を得るためには、常にある程度の商品を用意おかなくてはならないことや、実際の商品を保管するための保管スペースが必要とされることでしょう。

また、商品に対して売れるのか、売れないのかという判断をする能力も必要になり、判断を誤ると在庫を抱えることにもつながりかねません。5234Source: http://nichiasasedorer.seesaa.net/article/415720493.html

広告