【マンション売却】気をつけるべき3つの重要ポイント

長らくの暮らしを支えてきてくれたマンションを手放すまでには、いろいろな経緯があるとは思いますが、マンションを売却するためには気をつけておかなくてはならないことが幾つかあります。
実際には、様々な手続きや確認事項などをせねばならず、しっかりと精査してこなしていかなくては大変なことにもなります。
こうした手間を省いてくれるのが、不動産会社になるわけですが、完全に任せきりにしてしまうのは考えもので、マンション販売における売り手、つまり商いの主人公は当事者本人になり、不動産会社はあくまでもその窓口を担う仲介役であり、その分野の知識とコネクションを持っているサポート程度に考えておくぐらいの気概は欲しいものです。
自身の希望やスケジュールに合わせたマンション売却を実現するために、基本となる3つの項目を押さえておきましょう。

1.マンション査定の見方

どれほどに大規模なマンションであっても、そこに居住し生活を営んでいれば、必ず建物は劣化していきます。
もちろん、マンション売却を考えるのであれば、その価格は高ければ高いほど嬉しいことに間違いはありませんが、実際に価格査定が行われると、いろいろな問題が現れ始めます。
最も多いのが、査定価格で販売されないこと、また、複数の不動産会社によって査定価格が違うことなどになります。
特に査定価格で売れない場合には落胆される人も多く、そこからトラブルに発展していくこともあるのですが、査定価格はあくまでも、売却できそうなおおよその価格、であり、その不動産会社の現場担当が算出した目安になり、不動産鑑定士が行う不動産鑑定評価とは違います。
こうしたことにより、不動産会社によっても、どのぐらいで売れそうかという基準や判断は違ってきますので、査定価格は参考程度にとらえ、むしろ、こうした査定の内容や根拠などから、その不動産会社がどのような熱意を持っているのか、担当者はどう考えているのかなどに着目して見てみるのがいいでしょう。

2.売れない理由を考える

不動産会社を通し、実際にマンションを売りに出した場合でも、ともすれば人の一生を左右する大きな価格のものになりますので、それほど簡単に売却が決まるものではありません。
しかし、周囲の物件などの販売価格などと比べてもそれほど高い値段ではなく、また、悪い環境条件ではないと思えるにも関わらず、一向に売れる気配がなく、ある日突然、不動産会社から値下げを相談されることもあります。
こうした場合にも、疑問点などがあれば不動産会社の担当にしっかりと話を聞き、販売戦略や活動の詳細などを確認し、自分がマンションの売り手であるという自覚をしっかりと持って舵取りを行って行きましょう。
不動産会社の、売れないから価格を下げる、というのはあまりにも安易な発想になりますが、様々な手をつくした上での発言なのか、何も考えずに下げれば売れる程度に考えているのか、を見極めるのは、マンションの販売を委託した自分自身の責任になります。
不動産会社としっかりとタッグを組んで対話をし、売り手として積極的に関わっていくようにすることで、不動産会社もしっかりと物件のことを考えてくれるようになります。

3.不動産会社をしっかりと選ぶ

一口に不動産会社と言っても、その成り立ちや経営の方針などにより、それぞれの強みが違っているのが現状であり、大きく分けると「分譲会社系」「大手財閥系」「マンション特化系」「地域密着型系」「不動産売却系」という5つの種類があると言われています。
それぞれに、強みが違っていますので自分のマンションの売り方をマネジメントするという意味でも、どの不動産会社を選択するのかということも、マンション売却のコツの一つになります。
また、不動産会社とは長い付き合いになりますので、しっかりとしたリレーションシップをとっておくことが必要になります。
とくに担当者との関係は、自分と不動産会社とのかなめとなるために、全てを丸投げにするのではなく、問題を提起し様々な質問を行えるように、こちらも真摯な姿勢で望む必要があるのです。