【大きな声では聞けない】株式上場とは実際なにか

株式会社は、株券を発行することで出資者から資金を募り、その資金をもとに企業の運営を行っています。
株式上場とは、この出資者を公募することによって募るものであり、上場をしていない企業では、このような公募を行わないため、通常、経営者が知らない出資者、株主がいるということはありません。
しかし、上場をすることによって、公募による株主の募集が行われることになり、経営者にとっては、全く見ず知らずの第三者からの出資を受けるということになります。
これにより、より大きな資金を集めることができるのですが、その企業の存在が公になるという事になるのです。

こうした上場は内外に対して様々な効果をもたらし、創業者やそれまでの既存の株主が、企業が上場をした際に、その株を売却することによって、大きな利益を得ることができることがよく知られています。
小さな元手から始めた企業が順当に成長していき、やがて株式上場を果たして、創業者が数億円の大きな差益を得るというようなことも起こり得るのです。
また、株式投資などを行いながら、その企業に対して経営のコンサルタントを行って、投資先の企業を成長させ、その価値を上げていくことを目的とする投資会社などは、この仕組みの利用を目的としており、将来性があるものの資金がない会社などに株を買うことで出資し、経営アドバイスなどを行うのです。

こうしたことにより、株式上場とは企業の成長過程におけるある種のマイルストーン的な意味を持っており、投資会社などにとっては、企業成長の目的となることがほとんどです。
しかし、企業は上場してからも当然その経営は続いていきますので、経営者などにとっては、株式上場は目標でしかありません。

企業は株式上場をすることによって、経営と出資が大きく分離されることになります。
上場前であれば、多くの場合は出資者と経営者は近い存在であり、本人や近親者、友人、社員などとなっていることがほとんどです。
しかし、上場を行って公募により出資者を募ることで、株が自由に売買されることにあるために、様々な投資家が株主になり得るのです。

出資者と経営者が分離されることにより、企業体としてのかじ取りの方法も大きく変わってきます。
例えば、いわゆるワンマン社長の企業で、社長の権限が企業の経営方向を決めているような場合であっても、上場を果たすことによって、出資者である株主の発言によって経営の方向性が変えられる場合もあります。

これは、もし株主の発言が取り入れられないようであれば、出資者が減ることになるために、企業自体の経営が成り立たなくなるためで、近年では、物言う株主など、企業の経営に対して発言を強める出資者も多く存在しているのです。
こうしたことは、社長などの経営の責任者にとっては、経営の自由度が制限されるというデメリットになることもありますが、経営が常に第三者に監視されていることになるため、実の高い経営を行うことができるというメリットもあるのです。

また、企業経営が順当で成長が見込まれるようであれば、出資者候補である投資家などから魅力を感じてもらうことができ、株の価値が上がることでより大きな経営資金を得ることができるのです。
このように、株を上場させることにより、企業の成長にとっては大きな転換期となり、またさらなる成長へのきっかけとなるのです。