【資金消滅】FX初心者がはまる、4つのあるある失敗談とは?

1.全く行動ができない

FX初心者にありがちな失敗として、全く行動しないということがあげられます。

FXを始める際、手順通りに口座を開設して誰もが入金を行うでしょう。

ここまでの行動は、何の損失もありませんので、特に意識することなく行うことができます。

しかし、ここからFX参加者にとって大きな問題が発生します。

その問題とは、トレードの最中に良くないことばかりを想定して、何も行動できなくなってしまうということです。

FXは、お金の動きのあるビジネスなので、失敗すれば金銭的なダメージを受けてしまいます。

パソコンの画面を見つめながら、このようなことを言っているのではないでしょうか?

「これは、行けそうだ!…いや、でも、ここで失敗したら、大変なことになるんじゃないか…。もうちょっと安全なところを探そう。(数時間経過)今日も何もできなかった。」

 

■ 損をしたくない人は、稼ぐこともできない

誰もがFXで、損をしたくありません。手元にある1万円が1分で消滅してしまうことも十分に有り得るのがFXの業界です。

たった1分で、とあるサラリーマンやパートの日給を超える金額が1分で消えてしまうのですから、失敗したくないのです。

しかし、これからどれだけFXトレーダーとして成長したとしても、百発百中で運用していくことは不可能です。

間違いなく、どこかで失敗してしまうでしょう。

少なくとも、現在FXトレーダーとして市場に残っている方は、あなたの数百倍の失敗経験を持っている方ばかりです。

だからこそ、成功するパターンが見えているのです。失敗経験の数だけ、FXは上手くなります。

行動しない方は、失敗する経験を得ない代わりに、FXが上手くなることもありません。

場数を踏んで誰よりも勉強していきましょう。これがFX業界における基礎マインドです。