【資金消滅】FX初心者がはまる、4つのあるある失敗談とは?

2.仮説を立てて検証しない

FX初心者がやってしまいがちな失敗談として、仮説を立てずに行動してしまうということがあげられます。

FXをやり始めた頃、

「ポジションを持っていれば、どうにでもなるだろ。良さそうなところを持っておこう。」
「ここを、買っておこう。」
「たぶん、ここで売った方が良いだろう。」

というようなことを考えながら進めていくと思います。

上記で説明した行動しないというよりはましなのですが、やみくもに行動すれば良いというわけではありません。

ポジションをもっておけば、相場に参加している感覚があり、嬉しくなる気持ちも分かります。

これらのことで、何がいけないのかというと、そこには、「仮説・検証・理論」がありません。

「仮説・検証・理論」を、自分の頭で考えてできなければ、FX業界で正しくトレードすることは難しいです。

 

■ 大衆的思考では、FXはできない

多くのFX参入者が、大衆思考で始めます。ここで説明している大衆思考とは、FX業界に参入した人の大多数が考えていることです。

具体的に説明するのであれば、下記に記載する通りでしょう。

・FXは、誰でも簡単に儲けることができる。
・一瞬で、数十万数百万と稼ぐことができる。
・パソコン1台で、趣味感覚で稼ぐことができる。
・副業でも正社員として働く月収は、誰でも稼げる。

上記で説明したことが、大衆思考です。どれもFX業界で見る言葉ばかりでしょう。

大衆思考の人は、自分が想定していること以外のことに関しては、全く受け入れることができません。

そのため、一度の失敗で詐欺だと決めつけて、FX業界から消えていきます。

改めて説明しておけば、この世の中に簡単に儲ける方法というものはありません。

特にFXは、仮説と検証の繰り返しです。仮説と検証を通して、初めて理論が見つかります。

この理論を通して、自分だけのFXの手法を発見し、独自の運用方法を見つけることがこの業界で生き残る唯一の方法です。