【転職】悩むタイミングはいつが適切か

転職というものは、人生の中においてしばしばその転機となることになり、特に30代、40代ともなれば、その転職がその後の人生のすべてを決めるポイントとなるといっても、過言ではないでしょう。

転職をする理由は様々であり、健康上の理由や家庭の事情、職場での問題などがその中に上がるでしょう。

こうしたケースごとにより、どのように転職をしていくのか、転職活動をいつから始めるのか、現職にはどう伝えるのかなどは、タイミングがいろいろと変わると思いますので、自分のケースに合わせて考えて決めるべきでしょう。

人生のかじ取りでもある転職ですが、よほどの差し迫った事由がない限りは、現職に在籍しながら、活動を行うことが最も基本になります。

転職をするには、慎重なリサーチが必要ですし、また、実際に会社が決まってもそこからの交渉が長引く可能性もあります。

また、リサーチを行って他社の環境や待遇などを調べていった結果、現在の職場のほうがはるかに好待遇だった、ということはよくあるものです。

また一方で、自身の転職の理由などを整理してまとめていくうえで、その甘さや反省点を見直すことができ、転職活動を取りやめるというケースは実際にあります。

こうしたことから、転職をする上では、現職を辞めてから転職をするのではなく、現職のうちに転職の可能性を探り、実際に転職の面接などを受けて、日取りなどが決定してから、現職を辞めるというスケジューリングをしても、充分に間に合います。

転職するための活動をしている、ということを現職の会社の上司や同僚に伝えるかどうか、また、伝える場合にはそのタイミングはいつにするのか、ということも転職活動をしていく上では重要なものになります。

多くの場合には、現職の会社関係者や取引先などには、転職活動をしているということを伝えないほうがいいでしょう。

現職で仕事をしながら転職活動をしていると、周囲に対しての裏切り行為をしているように感じることも多くありますが、まずは自身の人生設計があっての上での会社、職業の選択になりますので、こうした部分を気兼ねする必要はありません。

むしろ、転職活動をしていることを伝えてしまうことによって、会社や周囲にかける負担のほうが多いと考えるべきでしょう。

例えば大きなプロジェクトや業務進行の見通しなどを立てる際には、その人物が会社にいる見通しについても、大きな判断要因になります。

転職活動中には、様々なことから転職を取りやめることや、転職時期が定められないことがありますので、これを先に知らせてしまうことは、会社にとっては大きなデメリットになります。

また、当然のことながら、退職するということが周囲に伝わったのちに、在籍継続となった場合には、職場外ずらいものになることは間違いないでしょう。

しかし、転職理由の内容によって、それが社内の事情であれば、早目に転職活動のことを切り出すことによって、その問題が改善されることもあります。

また、こうした事情による転職の際には、先に転職をしておくことがプラスに働く場合もあります。

例えば、職場環境がひどく精神的に参ってしまうようなことが起こるのであれば、緊急避難的に先に退職してから、転職活動をするということも、充分に考えるべきタクテクスであるというべきでしょう。