アデランスのMBOによる企業経営

会社の経営方法というのはさまざまですが、今回は2016年10月14日にアデランスが発表をしたMBOという経営方法について、詳しく見ていきます。

MBOによる経営とは

MBOによって会社の経営を行うということは、そう珍しいことではありません。

これまでにも、多くの企業がMBOを実施して、会社の経営を続けてきています。

MBOはマネジメント・バイ・アウトの略で、企業の経営陣がその企業の株式を買い取って経営を続けることを意味します。

MBOを実施する目的はさまざまですが、上場企業が非上場かするための手段として利用したり、経営権を持たない人物が企業のオーナーから株式を買い取って経営権を手にする手段として利用するのが一般的です。

アデランスの場合も、MBOによって非上場化を行い、実質の経営権がトウシファンド下に委ねられることになりました。

起業がMBOを選択する理由はさまざまですが、経営に幅を持たせたい、自由度を増したいという理由から、MBOを選ぶということが多いようです。

企業が上場を行うと、知名度や株式が買われることで資金を得ることが出来ますが、株式を購入した投資家たちが多ければ多いほど、株主総会で問題も起こりやすくなります。

企業の経営陣側と株主側の意見の違いなども生まれやすくなり、経営陣側が考えるような経営を存続させることが難しくなることもあるのです。

経営陣側が思っている経営方針で企業の経営を続けることを考えると、経営陣が株式を買い取るMBOという方法がベストだということに至るのです。

経営陣が株式を買い取って実質の経営権を手にすることで、自由に経営を行うことも出来ますし、舵取りもしやすくなると言えます。

投資ファンドによる資金提供

経営陣が自らの資金によって企業を買収するという方法もありますが、多くの場合は金融機関で融資を受けたり、投資ファンドから資金の提供を受けることになります。

例に挙げましたアデランスの場合も、投資ファンドによって資金提供が行われ、経営再建されることになりました。

投資ファンドというのは、単に資金の提供を行うだけでなく、企業経営にも大きく携わります。

投資ファンドが資金提供・経営方針の決定を行うことで、その後の企業経営をスムーズに進めることが出来るのです。

アデランスの場合も、スムーズに経営再建を行うことを目的として、投資ファンドによるMBOを実施したのではないでしょうか。

上場している企業がMBOの実施を行う場合、買い取り金額を公表しなければいけません。

基本的には、株式市場で取引をされている株価より高い額で買い取り金額を設定することになります。

例に挙げたアデランスの場合は、29%のプレミアムをつけてMBOの実施が発表されました。

MBOを実施した企業は非上場化をすることになりますが、経営状況によって再度上場をすることも出来ます。