広告

マイホームと火災保険

新規に住宅を購入する場合には、多くの方が住宅ローンを組んで購入資金の融資を受けることと思います。
住宅ローンを組む場合には、金利や返済期間の計画などが気になる部分とは思いますが、それ以外にも考えに入れておかなくてはならないものがあり、それが様々な保険になります。
一般的に住宅ローンに関連する保険度は、団体信用生命保険、火災保険、さいじゅ返済支援保険といったものがあります。

こうしたものの中で、家を購入した際に決して忘れてはならないものが火災保険となっており、マイホームの購入と住宅ローンと火災保険は、切っても切り離せないものとなっているのです。

住宅ローンと保険という観点で考えた場合、必ずかかわってくるものが火災保険と生命保険になります。
ローンを組んで融資を受け、住宅を購入した場合には、その返済に関しては長い期間がかかり、また、長期にわたって返済することを前提として設定を行っています。
この際に、ローンの返済が終わる前に万が一事故や病気で亡くなってしまったり、自然災害や火事で家が全壊したり全焼してしまうこともあります。

こうした場合に、火災保険や生命保険がない場合には、収入が得られなくなった状態に陥るにも関わらず、払うべき住宅ローンだけが残ってしまったり、火事で住宅が焼けてしまえば、生活する場所を失った上に返済だけが残ってしまう状況になってしまうのです。

このような状況になることを防ぐために、住宅を購入するために融資を受ける側と、その購入資金を貸す側、つまり金融機関とローンを組む側がお互いに困ることがないように、保険を利用してその信頼度を高めるのです。

もちろん、火災保険は住宅を購入するための資金を融資する住宅ローンのためにあるものではなく、様々な資産を火災から守るために存在しています。
火災が発生してしまい、それによって保険が適用されて保険金が支払われたとしても、お金を融資する側にとっては、それが住宅ローンの返済に充てられなくては意味がありません。
これを条件付けするために、住宅ローンの条件となる火災保険の設定では、保険金が下りた場合に、保険を掛けた契約者本人ではなく、金融機関などの資金の貸し手に対して優先的に保険金を支払う「質権設定」を行うことができます。
このような質権設定付きの火災保険を必要とするかどうかは、資金の貸し手である金融機関によって違いがありますので、確認をしておく必要があるでしょう。

このように、住宅ローンを組むためにも、また、住宅という大切な資産を守るためにも、マイホームを購入した場合にはほとんどの人が火災保険に加入します。
火災保険を設定する場合には、その保険金額、つまり契約金額を十分に考慮する必要があります。

特に住宅ローンの条件として火災保険に入る場合は、借入金額を火災保険の契約金額として設定することがほとんどだと思います。
しかし、住宅ローンの借入金額がそのまま住宅の資産価値、つまり100%の評価額になることはまずありません。

頭金などの調整を行って、火災保険の契約金額よりも、住宅ローンの残額を低く抑えるように設定をしておくことが必要になります。
こうしたことから、頭金の調整を大きくしそれによって住宅ローンの借入金額が小さくなったとしても、その借入金額分のみの返済に充てられるように、火災保険の契約金額を小さく設定することは控えたほうがいいでしょう。

この場合、確かに住宅ローンは返済をすることができますが、失った家を建て直ししたり、新たに購入するための資金がなくなってしまうことがあります。
頭金を多めに設定しておき、借入金を少なくし、契約金額を住宅の100%評価額を設定しておけば、越したことを未然に防ぐことができます。

火災保険の基本的な考え方は、住宅ローンの返済もそうですが、火災によって失われた建物と家財を守るためのものになります。
火事によって失われるもの建物だけではなく、衣食住の生活基盤のすべてになりますので、それを踏まえた設定をしておくことが必要になります。

また、近年では自身による被害が広がっており、大きな地震が来ることも予測されています。
自身が原因で発生した火災の場合には、地震保険がなければ対処できないため、自身大国である我が国においては、火災保険に加えて地震保険についても考えておくべきでしょう。

広告