広告

10年後になくなっている仕事トップ10

あなたは今どんな仕事をしていますか?
それはあなただから出来る仕事ですか?

かつての印刷物を作るための小さな町工場が、日本中にあったものですが、ワードプロセッサーやパソコン、プリンターなどの出現と発展により、これらは淘汰され、ほとんどの工場は無くなってしまいました。また、一眼レフから使い捨てカメラなど、様々に展開をしていたフィルムカメラですが、一切フィルムを使わずデジタルで情報を蓄積し、その場で何が取れているのかを確認できるデジ狩るカメラが台頭し、それの伴い、全国の至る所にあった写真屋さんは、そのほとんどが廃業に追いやられました。

技術の進歩に伴い、社会の仕組みが変わることで、仕事は無くなったり新たに増えたりするものです。ITの技術はいよいよ円熟に向かい、インターネットと端末で情報とモノとを結ぶIoTの出現や、膨大な情報を有効的に選考できる人工知能、人の形にまで技術を集約できるようになったロボットのなどの誕生により、社会全体が大きく変わることが予測されます。また、少子化は確実に働きの場の減少を余儀なくさせますし、若者の幸せの価値観がより個人化、縮小化が進むことで、働く意欲は無くなっていきます。

今後の高齢化社会を支えるための人手は、海外からの人材を頼ることになり、すでに現在、接客や介護、建築、製造などの大部分は、数多く外国人の手によって賄われているのが現状であり、すでに日本人が労働できる場所は無いのです。終身雇用という言葉は、もう過去の儚い夢見事であり、変化についていけない人間は、ロボットや人工知能、外国からの労働の担い手に職を奪われていく事は、目に見えています。今の自分たちの仕事が、この先10年も同じようにあるものであると、考えない方がいいでしょう。このような時代の背景と展望を踏まえ、この先10年でなくなってしまうかもしれない仕事はどのようなものなのか、見てみましょう。2354
 

広告