【おフェロ女子】抜け感がいい!と評判の10人

ADVERTISEMENT

■ 島崎遥香

AKBの中でも、「透明感」No1の島崎遥香。アメリカで発表される「世界で最も美しい顔100人」ランキングで50位に選ばれたこともあります。「おフェロ」女子としては、ちまたで言われている「塩対応」というそっけない態度がけっこうあっているのかもしれませんね。

1994年3月30日生まれ。埼玉県出身で、以前は女性アイドルグループAKB48チームAの人気メンバーとして活動していました。現在は女優業などを始め、タレントとして幅広く活躍しています。「ぱるる」の愛称としても有名ですね。

2009年にAKB48の研究生オーディションに合格した島崎遥香さん。2010年に実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙』では、研究生として最高位の28位にランクインし注目を集め、晴れて正規メンバーへと昇格します。2012年末に初のセンターポジションを担当し、名実ともにトップアイドルの仲間入りを果たしました。

島崎遥香さんの代名詞と言えば「困り顔メイク」です。眉毛はあくまでまっすぐ、アイメイクをタレ目風にし、涙袋をしっかり作るところがポイントみたいですよ。されにカラコンで目力を強調し、薄めのチークを塗ることで、男性に「守ってあげたい」と思わせる可愛い困り顔が出来上がります。

特技として、「どこでも寝れること」を公言しており、電車の1駅間のあいだでも寝てしまえるほどだそうです。また、季節関係なく家にいる完全なインドア派で、理想のデートも屋外ではなく映画館などの室内で過ごしたいとのこと。好みの男性は「優しくてイケメンで面白い身長180cmぐらいの人」らしく、自身でも理想が高すぎることを認めています。好きな食べ物はメロンパンで、AKB48時代は同じくメロンパン好きなSKE48の松井玲奈さんと「メロンパン同盟」を組むほどでした。
4564Source: http://paruru1.blogspot.jp/2015_10_20_archive.html

ADVERTISEMENT
次のページ