広告

【お笑い最強説】最近いつ笑った?笑う事でもたらされる絶大な10効果

人間には喜怒哀楽があり、その感情を表情に出し、身体で表現し、そして言葉にすることのできる世界で唯一の生き物であると言われています。そうした中でも、笑う、という事には、特にたくさんの力が秘められており、私たち人間は、この笑いの力を様々なシーンで、無意識のうちに使って日々の生活を過ごしています。例えば、他の人の笑顔や笑い声につられて笑う、という事がありますが、こうした笑いの共感は人間特有のものであると考えられています。カナダの大学で、こうしたつられ笑いの実験を行い、小話に笑い声が付けられているものと、笑い声をつけられていないものを聞かせた場合は、笑い声を付けた小話を聞いた方が、より笑う傾向があるという結果が出ています。

このように、人間は互いに笑いあうことで、楽しい、面白い、という感情や経験を共有する能力を持っており、笑いを共有することで、その場のコミュニケーションを円滑に行う事もできるのです。つられ笑いの多くが、何となくその場に合わせての笑いが多いと思います。しかしこれは、その場の雰囲気をその人が受け入れて、歩み寄っている証拠になり、心と体のリラックスが行えているかどうかのバロメーターになっています。

同じつられ笑いでも、本当に体を使って笑う時もあれば、笑顔を浮かべる程度、表情は変わらないけれど心の中で笑う、という具合に様々な形があると思います。これは、心と体がどれだけリラックスでき、どれだけ周囲を自分の中に取り込めるかによってかわり、例えば同じ人であっても、ストレスが高ければ高いほど、心と体が委縮して笑いを共有することができなくなってしまうのです。笑いには人間の心と体に密接に関係があり、特に笑う事によって様々な良い効果をもたらされるという事が、近年、様々な形で解明されつつあります。こうした、笑いの力、を毎日の生活の中に取り入れることによって、ストレスのない健やかな生活を過ごすことができるよう、10個の笑いの効果をあげてみました。
423
 

広告