広告

【お笑い最強説】最近いつ笑った?笑う事でもたらされる絶大な10効果

● ストレス解消になる!

笑うことがストレス解消になるという事は、昔からもよく言われていることで、「笑う門には福来る」といいうことわざなども、こうしたことを表しているでしょう。これは、脳科学としても正しいことで、人間の脳内や中枢神経には、神経伝達物質というものがあり、この中でも三大神経伝達物質の一つである「セロトニン」の効果が大きく関係しているのです。

人間の体は、危機的状態や緊張状態になると、生存本能を高めようとするために、物事の判断力や行動力、集中力を高めるために「ノルアドレナリン」という神経伝達物質を分泌します。このノルアドレナリンの作用により、不安や恐怖、怒りなどの感情を起こし、心と体を危機から脱しやすくするのです。

しかし、このノルアドレナリンにが分泌されすぎてしまうと、常に緊張状態にさらされた状態になるために、交感神経が活発になりすぎ、イライラしたり怒りっぽくなったり、血圧が高くなったりし、いわゆるストレス状態になってしまうのです。これを制御するのが「セロトニン」の効果で、セロトニンはノルアドレナリンの分泌をコントロールし、暴走を抑えて副交感神経の働きを促します。

交感神経の働きから副交感神経に働きが移っていくと、心や体の緊張が解除され、リラックスができる状態になり、このことによりストレスによる様々な症状が抑えられ、また、ストレスそのものに対する影響も受けにくくなるのです。このセロトニンは、笑ったり笑顔を浮かべることによって、その分泌が活発になることが分かっています。このようなことから、笑うことはストレス解消の効果を持っており、例えば、家でリラックスしながらバラエティー番組などを見ることは、最も有効的なストレス解消方法と言えるのです。
35Source: http://va-look.com/笑う時、口を隠す人は秘密主義者!?笑い方で性/

広告