広告

【汗】知ってた?汗には臭いのするものとしないものがある?

汗はどこから出てきても同じ汗。そう思っている人はいませんか?

じつは、汗にははっきりとした違いがあります。それが、出て来る汗腺の違いです。

汗腺には、もともと2種類あるんですね。ただし、2種類といってもそのほとんどはエクリン腺です。ここから出る汗は、ほぼ水なので臭いはありません。

エクリン腺が多くあるのは、顔や頭、背中などですね。

では、もう一方のアポクリン汗腺はどこにあるのでしょうか?

その場所はかなり限られていて、ワキの下や耳の中、性器や肛門などにあります。

こうして見ると、何となく匂いがするイメージがわかりますよね。

アポクリン汗腺から出る汗は普通の汗にくらべて、タンパク質や脂質、アンモニアなどが多く含まれています。

やはり出た直後はほとんど臭いはないのですが、のちのちワキガなのどの原因などになってしまうやっかいな汗なんです!

さらに問題なのは、このどちらの汗も皮脂と混ざってしまうと、肌にいる常在菌の大好物となってしまう点なんです!

じつは、この常在菌が皮脂などを分解して出すのが、臭いのおもな原因だったんですね。

なぜ皮膚に脂が溜まってしまうのか?

そもそも、皮脂とはいったい何なのでしょうか。

よく、顔や鼻がべたつくことがありますよね。

あれが、まさに皮脂なんです。じつは、皮脂自体は本来人間の肌を守るために、とても重要な役割があるんです。

ただし、あまり出すぎてしまうとこれが問題。

最終的には汗に混ざって、常在菌のエサとなってしまうわけです。

では、どうなると皮脂が必要以上に分泌されるんでしょうか?

その原因には、さまざまなものが考えられます。たとえば、脂肪分や糖分、刺激物の多いものをよく食べる。

睡眠不足や疲労でストレスがたまっている。タバコやお酒をよく飲む。

何となくですが、このように並べていくと生活の乱れが原因になっていることが分かりますよね。

思い当たる人も多いんじゃないでしょうか。

常在菌のすべてが臭いを出すわけではない

では、常在菌をすべて退治してしまえば、皮脂が出ても臭いはなくなるのでしょうか?

じつは、常在菌というのはそもそも決して悪い菌ではありません。

特に、表皮ブドウ球菌というのは肌の健康を守るために弱酸性を保ってくれる、大切な常在菌です。

しかも、皮脂を食べても臭いを出すことはありません。

ところが、常在菌のなかにも悪さをするやつはいます。

その代表となるのが、黄色ブドウ球菌。こちらは、汗や皮脂を食べることで、どんどん臭いを放っていきます。

つまり、常在菌もすべて取り除けばいいというわけでもないんですね。

体をゴシゴシ洗うのはかえって逆効果

常在菌を洗い落とすにはやはり、しっかり皮膚を洗うことが必要なんでしょうか。

ここで注意。体を洗うときに、ゴシゴシ肌をこすることは絶対にやめてください!

というのも、強く肌をこすりすぎると、もともと体に必要だった分の皮脂まで洗い落としてしまうことになります。

すると、皮脂が足りないと感じた体がこれまでより多く皮脂を分泌するようになってしまいます。

結果として、むしろ前より臭いがひどくなってしまう。これは完全に悪循環ですね!

体を洗うときは、優しくあまり力をあまり入れずに洗うのがコツです。

ボディーソープの泡をしっかり立てて、その泡でこするくらいのつもりでで十分なんです。

このとき、かならずナイロン素材のタオルだけは使わないようにしてください!

ナイロンはとても硬いので、体の皮膚傷つけてしまいます。肌トラブルの原因ともなるので、絶対に気をつけるようにしましょう。

タオルの素材は、やっぱり柔らかい天然素材のシルクなどが一番です。

ただ、なかには泡だけじゃ体を洗った気にならない、という人もいますよね。

しかし、それくらいでちょうど、良い常在菌も残ることになって、肌にとってはベストな状態なんです!

もちろん、いくら力を入れてはいけないからといって、洗い残しがあるようでは意味がありません。

丁寧に、ゆっくり洗うことを心がけてください!

広告