広告

【美脚】コツはキャビンアテンダントに学べ

飛行機に乗って長時間同じ姿勢でいると…足がむくむ!
仕事で“立ちっぱなし/座りっぱなし”で…足がむくむ!

多くの方が悩んでいる“足のムクミ”…
どうしようもない…と諦めていませんか?

でもそのムクミ、実はちょっとしたことに気を付けるだけで対処が可能!
今回ここでは、足をむくませないための“ちょっとした秘策”をご紹介したいと思います。

さて…
その秘策を教えてくれるのは“キャビンアテンダントさん”です!

キャビンアテンダントさんというと、皆さんスラッとした美脚の持ち主ばかり。ですが、長時間のフライトを殆ど立ちっぱなしでこなすキャビンアテンダントさんの業務は、決して“美脚づくり”に適しているとは言えません。
…キャビンアテンダントさんたちは実に色々な工夫をして美脚をキープしていたのです!

ムクミを放っておくと、脚が太くなるばかりか健康にもよくありません。
立ちづめの仕事が多い方はもちろん、飛行機に乗る機会が多い・デスクワークが多いなど、座りっぱなしの姿勢でいることが多い方は、ぜひ美脚のため・健康のため、下記の方法を参考にしていただきたいと思います。

では早速、意外なほどにカンタンでスグできる“ムクミ撃退法”を学んでいきましょう。

その1. マメな水分補給

「むくまないように水分摂取を控えている」という方が多いのですが、それは間違い!
水分の摂取量が少ないと、身体は体内の水分量を維持しようと尿や汗を減らし始めるため、むしろ水分を摂らないでいると(余水や老廃物が溜まり)ムクミやすくなってしまうのです。

ムクミ防止には適度な水分補給が大切!
水分は意識的して摂るようにしていきましょう。

ただ、仕事中や飛行機の中では、なかなか思うようなタイミングで水分補給をするのが難しかったりしますよね…。

では、キャビンアテンダントさんたちはどうしているのかというと…「タンブラー」を活用しているとのこと。タンブラーにムクミに効くハーブティーのティーバッグを入れて持ち歩き、好みのタイミングで(お湯を注ぎ)“ムクミ対策ドリンク”を飲めるようにするなどしているそうです(機内でも、お願いすればタンブラーにお湯を注いでもらえます)。

また、ムクミ対策には“何も入っていないお湯”を小まめに飲むのも効果的なんですって!

その2. 腰を冷やさない

立ちっぱなし・座りっぱなしでいると、腰回りに負担がかかります。
腰回りの血流が滞ると、脚がムクミやすくなるばかりか腰痛などの不安も……。

そこで実践したいのが“腰を冷やさない工夫”です。
保温効果のあるインナーを着用したり腹巻を着用したりして、冷えによる血行不良を防ぎましょう(ただし窮屈なものを着用して長時間座っていると気分が悪くなる恐れがあるため、インナーも腹巻も締め付けの弱いものを選ぶように)。

また、お手洗いに立ったついでに、軽くウエストをひねったり、お尻周りをポンポンと叩くようにマッサージしたりするだけでも、腰回りの冷え・コリの解消に効果的とのことです。

その3. 着圧ソックスの着用

「着圧ソックス」は、飛行機に乗るなど座りっぱなしの姿勢が続くときの強い味方!
キャビンアテンダントさんの中でも着圧ソックス愛用者は多いそうですよ。

ただ、気を付けたいのはソックスの“丈”。
特に飛行機に乗る時など“座った状態”で長時間過ごすときには、お腹周りまでキュッと締め付けるようなタイプは避けるのが賢明。ウエストまである締め付けのキツイものだと気分が悪くなる恐れがあるため、ヒザ下丈、長くてもヒザ上丈のものがオススメです。

また、足首を回すなど、自分でも意識的に脚を動かして刺激を与えるようにしましょう。

その4. ツボ押し

ムクミに効く“ツボ”も覚えておくと良いそうです。
例えば…太ももの内側(膝のお皿から指3本分ほど上にあがったところ)にある「血海」は、ムクミに効果を発揮してくれるツボ。老廃物を流し代謝を改善する効果などが期待できます。

加えて、リンパが集まる膝裏・ふくらはぎもムクミ対策のポイント!
軽くもんだり、(脚を組み)片方のヒザを使いもう片方の膝裏やふくらはぎをゴリゴリッと刺激したりするだけでも十分に効果的なので、ぜひやってみてください。

こうしたことなら、狭い飛行機や新幹線の座席でも、隣の人を気にせずサッとできますよね。

その5. ついでのストレッチ

飛行機の機内やオフィスでの仕事中は頻繁に立ったり動いたりできないもの…。
そんなときには、お手洗いに行く機会を利用して“ついでに”ストレッチをしましょう。
つま先立ちをしたり、ちょっと背伸びをしたり…それだけでも、身体がほぐれムクミにくくなります。

以上、いかがでしたか?
ちょっとしたことですが、やると・やらないとでは大違い!
ぜひ、飛行機に乗る時、長時間のデスクワークをする際などに、上記のポイントを試してみてください。足のムクミがずっと楽になるはずです。
うまくすれば、キャビンアテンダントさんたちのような美脚になれるかも…!?

広告