広告

よくある腹痛、でも原因は何?

突然の腹痛

「何か変なものを食べたかな?」

と真っ先に疑うのは食べ物や飲み物ですが、原因はそれだけではありません。

流行のウィルスや、寄生虫やバクテリア、また薬品などの抗生物質が体に合わなかったり、ストレス性の胃炎からくるものであったりと要因は様々考えられます。

そして腹痛と共に下痢が襲ってくることがあります。

しかしこれは体内の有害な物質をすべて外に出そうとしている状態なので、その時は苦しいかもしれませんが下痢止めを飲んで無理に止めない方が良いのです。

様々な要因が考えられる中、今回は食べ物や飲み物が起因してお腹の調子を悪くする場合について考えてみたいと思います。

但し下痢のような状態になった時にはスポーツドリンクや水をよく補給し、それでも不調が治まらない場合は医師の診断を受けるべきです。

要因その1 ラクトース(乳製品)

ラクトースをご存知でしょうか。

私たちの生活の中ではお馴染みの牛乳などに含まれている乳糖のことです。

体内で消化を促す分解酵素が十分にないと、ラクトースが原因で下痢になることがあります。

下痢の状態まではいかなくても、お腹が張る感じやおならが出る、おならが臭いといった状態になります。

母乳やミルクで育つ赤ちゃんにはこの分解酵素が体内に多くあるのですが、成長し食生活が変化していくと分解酵素も減少していきます。

ラクトースは牛乳以外にも、あらゆる食品に含まれていますのでチェックしてみましょう。

まずはヨーグルト。

乳から作られるヨーグルトにはラクトースが含まれていますが、乳酸菌がラクトースを分解する働きを持っているため、お腹を壊しにくいとされています。

次にチーズですが、こちらも乳製品ですのでラクトースが含まれています。

ただ、発酵や熟成を経て加工されていくうちにラクトースの量は減っていくことになります。

そしてアイスクリームですが、こちらもラクトースが含まれかつ冷たいものなので、食べ過ぎるとお腹を壊してやすくしてしまうかもしれません。

これらの食品類は過剰摂取すると腹痛の原因にもなりますので、特に牛乳やアイスクリームには気をつけた方が良いでしょう。

但し一般的な摂取量とされる牛乳200mlから250ml程度であれば、毎日続けることにより、体が慣れて分解酵素が活性化され便秘解消などに効果があると言われています。

要因その2 糖アルコール(低カロリー甘味料)

低カロリー甘味料はダイエットをしている方にとって切っても切れないかもしれません。カロリー過多にならないようにあえて、低カロリー甘味料を利用している人も多いでしょう。

しかしそこに含まれている糖アルコールという成分が体内に完全に吸収されずに、下痢や腹痛を引き起こす場合があります。

糖アルコールにはキシリトールやソルビトール、マルチトールといった還元麦芽糖があり、菓子パンや煮豆、佃煮や珍味、練り物などにもよく使われています。

ダイエット飲料や低カロリー食品だけではないので過剰摂取しないようチェックしておきましょう。

要因その3 腸内環境

プロバイオティクスとは、ヨーグルトや納豆などの食品に含まれている整腸作用を促す菌の一種です。

これが含まれている食品を習慣化して食べることにより、腸内がキレイになっていきます。

抗生物質を服用中の場合には、善悪関係なく菌類を殺してしまうので、これらの食品を意識して摂取し、腸内の環境を整えるよう心がけましょう。

また、便秘解消には食物繊維を摂ると良い!とされていますが、逆に言えば下痢を引き起こすこともあります。

食物繊維摂取や水分補給をあまりしない人が、急に食生活を変えてそれらを多く摂ればもちろんお腹の不調を引き起こします。

食物繊維が多く含まれている食品は野菜や根菜類、きのこや海藻類などがあります。

急激な食生活の改善ではなく、日ごろから少しずつ野菜や果物などを取り入れ、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

要因その4 刺激物

劇的に辛い食べ物、アルコールやコーヒーなどの刺激が強めのものは胃腸に負担をかけます。

疲れが溜まっていて抵抗力が弱っている時や体調不良時にはできるだけ避けるようにしておきましょう。

お腹が弱いと感じる人は刺激物の量を調整しながらお腹の反応を確認してみるのも良いかもしれません。

お腹を壊してしまう要因を含む食品や飲料の摂取には、自分の体調も含めて量をコントロールすることが大切です。

広告