広告

マナーの“良い”コスプレイヤー7条件とは

ここ最近は、世界的な広がりを見せている「コスプレ」。

ただその一方で、今なおコスプレに対する世間一般の目は冷たかったりもします。

だからこそ、コスプレイヤー1人1人に今求められているのは「コスプレのイメージアップを図る役割を担っているんだ」という自覚です。これからコスプレイヤーとしてデビューしたいと思っている方にも、まずはこのことを心にシッカリ刻んでいただきたいと思います。

さぁ。コスプレイヤーのタマゴのみなさん!
きちんとしたコスプレ知識・マナーを身につけ、素敵なコスプレイヤーを目指しましょう!

着替えはイベント会場内で!

コスプレマナーとしてまず大事なのはココ!衣装への意替えは“イベント会場に着いてから”という点です!

コスプレ参加可能なイベントでは、会場に着替えができるスペース(更衣室)が必ず用意されていますから、コスプレ衣装への着替えはそこで行うようにしてください(まれに男性には更衣室の用意がなく、会場のトイレで着替えなくてはならないこともありますが…)。

皆さんの中には“家”で着替えやメイクを済ませ…コスプレ衣装で出かけたいと思う方があるかもしれませんが、コスプレは原則イベント会場内だけで行うべきもの! あきらかにコスプレをした状態で公共の場(電車やバスなど)に出るのはマナー違反ですから止めましょう。

「コスプレ=なりきり」は勘違い!

好きなキャラクターに扮するコスプレ。

ですが、キャラクターになりきるあまり…言動までキャラクターのマネをし過ぎるのはNG。いきすぎた行為は他の来場者の方たちに迷惑をかけたり不快感を与えたりしてしまいかねないので、くれづれもキャラクターをマネた振る舞いは“ほどほど”に。

とはいえ、友達同士で写真をとったり「撮影してもいいですか?」と声をかけられたりしたときには、思う存分好きなキャラクターになりきってポーズをキメましょう!

コスプレNGな衣装もあると心得て!

警察官や自衛隊、レスキュー隊といった実在する専門職に関しては、周囲に誤解を与えかねないため基本的にコスプレが禁止されています。ただ、警察官風の衣装であっても一目で特定キャラクターのコスプレだとわかるような場合には禁止の範囲外とみなされるため、着用可能かどうか迷ったときにはイベントの主催側に問い合わせてみるといいでしょう。

キャラクターのイメージを大切に!

コスプレイベントは、子供連れの方が多く集まる場所(遊園地など)でも開催されることがあります。そうした時には特に行動に気を付けて!

子供にも人気の高いキャラクターのコスプレをした状態で「タバコをプカプカ」させたり「乱暴な言葉遣い」をしたりするのは絶対にやめてくださいね。子供たちにショックや(あのキャラクターはタバコを吸うんだ…といった)間違ったイメージを与えてしまいかねません!

コスプレするということは、そのキャラクターのイメージを背負うことでもあるのです。このことを忘れないでください!

写真はいきなり撮っちゃダメ!

コスプレイヤーとして自分自身の振る舞いに気を付けるのはもちろん、他のコスプイヤーさんへの対応においてもマナーはきちんと守りましょう。

時折、コスプレイヤーさんに対して無言でいきなりカメラを向ける人を見かけますが…これはマナー違反です! 

完成度の高いコスプレイヤーさんを目の前に、思わずカメラに手が伸びてしまうのも分からなくはありませんが、やはり「写真をとらせてください」と一声かけるのが礼儀です(まれに断られることもありますが大抵は快く応じてくれます / なお、何が何でも撮影に応じなくてはならない…というルールはないので、あなたが写真を頼まれた際、断りたいと思えば断ってOKですよ)。

イベント会場は大事に使って!

立入禁止サインを無視したり、土足禁止の場所に靴のまま踏み込んだり、木の枝を折ったり花を摘んだり……、そうした迷惑行為・会場にダメージを与える行為は絶対にいけません。

再び同じ場所でイベントが開催できるかどうかは、みなさんの行動にかかっているといっても過言ではないのです! 提供してもらった場所は、ルールにのっとってキレイに汚さないように大事に使いましょう。

ゴミは残さない!

イベント会場によっては、ゴミ捨て場が用意されていることもあります。ただ、原則として「ゴミは持ち帰る」ようにしましょう。

注意が必要なのは、衣装につけた細かなパーツや安全ピン、ヘアピン、両面テープなどの小さなゴミ! うっかり落としてしまいやすいので気を付けて下さい。もちろん食事をした際にでたゴミも持ち帰りましょう。

コスプレをする際には、上記のマナーを守ってくださいね。世の中に「コスプレをする人たちって礼儀正しい人が多いんだな」という印象を与えられるよう、“周りへの配慮・マナーを忘れないようにしながら”コスプレを楽しんできましょう!

広告