広告

手を見れば、その人のことが一瞬でわかっちゃう!?

相手の手を見て“掌にある線の長さや向き”を頼りに、その人の性格や人生をズバリ言い当てる手相占い。手を見るだけで相手のことが分かるこの占いに興味を持ち、手相を覚えようとした経験がある方は多いことでしょう。

でも、手相の読み解き方を習得するのって大変なんですよね……。

複雑に絡む色々な線・パターンを覚えなくてはならず、本やネットで手相の見方を勉強しようとしたものの途中で「むつかしい~」と諦めてしまった方も少なくないはず。

でも…諦めるのはちょっと待った!

実は、手相の読み方を知らなくても、ただ“相手の手を見るだけ”で、その人のことを知るカンタンな方法があるのです。

この方法では、運命線だの生命線だの…といった難しいことを覚える必要は一切ナシ!

手相の知識ゼロでもできる“手を使った占い”を3つご紹介。

手相と違ってカンタンなので、すぐに実践できますよ!

手の出し方で占う

「手を出して…」と言われたとき、性格によって手の出し方には違いが!
つまり、手の出し方を見れば、それだけでその人の性格が分かるのです。

○ 指を5本とも開いた状態で手を差し出す人
「はいど~ぞ」といわんばかりに開いた手を差し出す人は、外向的でポジティブな考え方の持ち主であることが殆ど。このような手の出し方をする人には、困難に直面しても(自分の中に感情を抱え込まず)前向きに解決策を探していけるタイプの人が多いですね!

○ 掌を丸めるように出す人
指を伸ばした手をパッと思い切りよく出すのではなく、遠慮がちに(手を丸めるように)出すこのタイプには、慎重な人が多めです。色々なアイデアを持っていても考え過ぎるあまり実行に移せないでいる傾向が強いこのタイプの人たちには、背中を一押しするような言葉をかけてあげるのがオススメ!

○ 指を5本ともピタリとくっつけて差し出す人
“シッカリ者”で真面目さん。このタイプには、どちらかというと(自由な環境よりも)ルールのもとでコツコツ計画を実行していくなかで力を発揮できる人が多いですね。

手の大きさで占う

○ 手が大きい人
大きな手の持ち主は、大らかで大胆な印象をもたれがち。
ですが、意外にも実際には細やかで繊細な性格の人が多くみられます。

○ 手の小さな人
反対に手の小さな人のほうが、性格はむしろ大胆!
行動・決断が早く「考えるよりも先に動く!」というタイプで、例えそれで失敗したとしても、また持ち前の大胆さで再起を図れる強さを持った人が多いですね。

指の長さで占う

○ 指が長い人
指の長さが全体的に長めの人には神経質で理想家タイプが多いとされています。
自分や他人に対して理想(求めるレベル)が高いせいでストレスを溜め込みやすく、また人の言動を気にしやすいため、このタイプの人を相手にズケズケものを言うと…あなたが思っている以上に傷つけてしまう恐れがあるので気を付けて!

○ 指が短めの人
指が短い人ほど“割り切ったものの考え方ができる人”が多い傾向にあります。
ちょっとくらいイヤなことがあっても上手く気持ちを切り替えてやり過ごせる人が多いですね。ただ…このタイプの人は、他人の発言に打たれ強いだけでなく、自身の物言いもハッキリ強めなため、ムードやロマンに欠けることが…。

さて…いかがでしたでしょうか。
手にはその人の情報がたくさん!
手相を知らなくても、ただ単に“手を見る”だけで、結構多くのことが知れるのです!

今回ここでご紹介した例は、実はプロの占い師さんも、手相を見るのに合わせて実践していること。みなさんも一度、占い師になったつもりで“人の手”を見てみてはいかがでしょうか。

手を見て、相手を知ることができれば、これまでよりも人間関係や仕事が円滑になるかもしれませんよ!

広告