広告

有酸素運動で脂肪を効率よく燃やす方法とは

現代人において、体重増加で最も多い体脂肪の増加によるものとなっており、それに伴う肥満や、内臓脂肪が増えてしまうことは、体に大きな負担を及ぼすだけでなく、血圧を上げてしまったり、循環器へ大きな影響をよぼして、直接的な死を引き起こす原因になります。

こうした脂肪を取り除いていく際に最も効果的なものは有酸素運動であるとされています。
体を動かす筋肉を連続的に使用することにより、脂肪を分解してエネルギーに変え、それによって筋肉運動の燃料をまかなうことで、結果的に脂肪を消費していくものになります。

有酸素運動を行う場合にも、効率よく脂肪をエネルギーとして使用していくためのポイントがあり、これを押さえておくことにより、ただ漫然と運動をするよりもその効果を上げることができるとされています。

有酸素運動で使用される脂肪は、いわばエネルギーがコンパクトに梱包されて収納されているようなもので、通常の運動では筋肉内などに蓄えられたエネルギーが先に使用されるため、この脂肪が利用されることはあまりありません。
この脂肪を使用するため、体の中のエネルギーが少ない時を狙って有酸素運動を行うことがポイントになります。
体内のエネルギーが少ない状態は、空腹の状態になります。ですので、脂肪を燃やして体重を落とすためには、少しお腹がすいた状態で運動をすることが有効的になります。
また、脂肪をつけたくない場合には、食事の後に運動をして、取り入れたエネルギーを積極的に使用することで、脂肪に変えて貯蓄されるエネルギーを減らすことできます。
空腹感が強すぎる場合には、血糖値が極端に下がってしまうことが懸念されますので、少しお腹がすいてくる食後4時間ほどの状態が、理想的でしょう。

運動強度のコントロールをすることで、有酸素運動をより効果的にすることができます。
有酸素運動に適している運動は、汗が滲みやや会話に支障はないがやや息が弾む程度が理想とされています。
これよりも強度が弱くても、強くても脂肪は利用されにくくなります。
数値的な目安を求めるのであれば、脈拍数を計測することで、運動強度をコントロールすることができます。
年齢や性別、それまでの運動経験によっても変化はありますが、「220-年齢」で求められる最大脈拍数は脈拍数の、およそ6割から7割の数値が効果的な有酸素運動の強度になります。

こうしたものの他には、筋肉をどのように使っていくのか、ということも有酸素運動の効率化に役に立ちます。
有酸素運動を行なって脂肪を消費するのは、筋肉を動かしていくことに起因しているために、筋肉を鍛えてしっかりと使い込んでいくこと、つまり筋肉トレーニングをすることによっても、有酸素運動の効果を大きく引き上げることができます。
特に脚や肩、腕などの大きな筋肉がある部位を鍛えれば、脂肪燃焼の効率を上げるだけでなく、引き締めて体の形を美しく見せる効果も期待できます。

さらに、有酸素運動の前に筋肉トレーニングをしておくことで、エネルギーを消費しやすい状況を作り出すことができるために、有酸素運動の他にこうした筋肉トレーニングをメニューに取り入れることもお勧めします。

広告