広告

漢方で【舌】の状態を診断する舌診とは?

漢方と聞くと苦い

「漢方薬」

をイメージする方もいるかもしれませんが、広義の意味としては漢方薬を投与して体を改善するための医学、灸や針、指圧などを用いて物理的に治療する東洋医学も含みます。

古の時代から、舌の状態や脈拍、声や第一印象など表面的な部分から察せられる疾患やその進行などを診断し、治療に役立てていたのが漢方医学です。

それでは漢方における診断の中でも、舌診(ぜっしん)と呼ばれるものについて紹介していきましょう。舌診では、舌がどんな状態になっているのかを診断し体の不調を探ります。

特に舌は心に通ずるものがあるとされており、精神的な部分での変化や異常は舌に表れやすいと言われています。

心=心臓とも携えられますが、精神活動の部分も舌に大きく影響を与えているのです。

普段はあまり意識していない舌ですが、舌の状態によって様々な体の変調を見てとることができます。

・胃や腸の不調
・新陳代謝、水分の状態
・血液の流れ方、滞り方
・精神面での不調
・病気の進行具合
・普段の体質(冷え性、凝り性、ほてりなど)

正常な舌の状態・舌の健康度チェック

鏡の前でべーと舌を出してみましょう。キレイで健康な舌とはどんな状態なのでしょうか。

・ピンク色、薄紅色である
・表面上に苔がうっすらと白くついている
・渇ききらず、潤いすぎず
・大きすぎずある程度の厚みがある
・不自由なく動く

ちなみに舌を自分で確認する際、色の濃いキャンディーや食べ物、コーヒーなどを摂った後では正確な状態がわかりません。抗生物質などの薬を日常的に服用している場合に関しても、舌が黒っぽくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

舌のどの部分で判断?体の不調

体内エネルギーの通り道となっている経路が舌に存在しており、これが五臓六腑に繋がっています。ですからどこかに不調があれば、舌の部位に変化が見られるといわれています。

・舌の両脇 肝臓・胆のう
・舌先 心臓・肺
・舌の中央 胃などの消化器官全般
・舌の奥 腎臓

舌の両側でストレスの度合いがわかる

舌の両側は、漢方において「肝」と呼ばれるストレスと非常に繋がりの深い部分です。

肝臓の機能の他に、肝には流れる「気」のめぐりを良好にし自律神経のバランスを保つための働きも持ち合わせています。イライラする、すぐに落ち込んでしまう、感情の起伏が激しいなど、これらは肝が影響していると見てとれるわけです。

その場合、舌の両側が赤みを帯びている状態になっています。舌の両側、フチの方に異常が見られたら、何らかのトラブルでストレスを抱えている証拠です。

疲労困憊、睡眠不足、不眠

舌の先端に注目してみましょう。舌の先端が異様に赤くなっている場合は注意です。

舌の先は心臓=心を表しています。精神面でも非常に関わりの強い心は、睡眠不足や疲労が続き機能が低下すると、舌の先が赤くなってきます。また、炎症を起こしたり舌先に突起物が現れたり、口内炎にもなることがあります。

血液循環、血行不良

舌の裏側が青紫になっていたら、血液の循環が良くないことを示しています。
漢方では「お血」と診断され、血行不良によりひどい肩凝りや、あざ、シミができやすく消えにくい、生理の時にレバー状の血の塊が出るなどの症状が見られます。

広告