広告

サプリメントで食事を代替できるか

慌ただしい日常を過ごす現代人にとって、食事の摂取は関心の高い事柄の一つとなっています。
良いものや美味しいものを、手軽に安く取りたいということは、永遠のテーマともいえるでしょう。
しかしながら、忙しくて食事が不規則であったり、ダイエット中で食事を制限したい、年齢が体調の変化が表れるようになったなどが原因で、納得のいく食事がとれないこともしばしばあります。
特に栄養面では、不足しがちなものもあるために、これを効率よく摂るために保健機能食品や健康食品などのサプリメントを日常生活に取り入れる人たちもたくさんいます。

このように、大変に役に立つサプリメントですが、実はその効果を有効的に引き出させるためには、容量や用法を守って正しく使わなければならず、まずは専門家に相談することが必要になります。
聞きかじりの知識や何となく体に良さそうだから、といった具合で使用しては、たとえ高価なサプリメントであっても、その力を充分に発揮することができなかったり、その栄養素の機能がそのまま果たされるとは限らないのです。

アメリカにあるジョンズ・ホプキンス大学ではこのようなサプリメントに関する研究を行っており、「サプリメントからカルシウムを摂取すると、動脈にプラークが蓄積し、心臓にダメージを与えるリスクが高まる可能性がある。反対に、カルシウムが豊富な食品を多く摂る食生活には心臓の保護効果がある」という報告を発表しました。
わかりやすく言えば、カルシウムをサプリメントで摂ると血管にコブができて心臓にダメージを与えることになり、逆にカルシウムを食事から摂ると心臓が保護する効果があるという事になります。

この研究では、高齢者がカルシウムのサプリメントを摂取しても、骨までにたどり着かず効果がなかなか現れなかったり、そればかりか尿から適切に排出されなかったことから、体の内部のどこかに蓄積していると考え、これを踏まえて心臓や循環器系に対する影響を調べてみようとしたとの事です。
この研究の結果として、カルシウムサプリメント摂取によるリスク増加の原因として、「サプリメントはカルシウム塩を含むこと、または高用量のカルシウムを身体が処理しきれないこと」と研究者たちは挙げています。

また、この研究から食事由来のカルシウム摂取では、一日平均で1022mgを摂取したグループについても、心臓病のリスクが高まったという事は見られず、カルシウムを豊富に含む食品を多く摂っても問題はなく、むしろ心臓にとって有益だったとされています。

今回もたらされた情報はあくまでも研究の報告であり、また海外の研究でもあるため、日本人の体に対する影響などについては、同様のリスクがあるのかどうかは明らかではありませんか、同じ栄養素をサプリメントで摂ることと、食品から取ることではその作用にも大きな違いがあるという事の一例といえるでしょう。

また、サプリメントの過剰摂取によるリスクも指摘されており、こうしたことは特定の成分を凝縮しているというサプリメントの特性が影響していると思われます。
これに対し、通常の食べ物は特定の成分以外にも様々な栄養素によって構成されているために、これらが相互的に作用して身体に対しての効果を大きく高めると考えられており、また、このことによって特定の栄養素だけが過剰に摂取されるという事を防いでいるのです。

サプリメントは、あくまでも日常の食事の中でとりこぼしがちな特定の栄養素を補っていく、文字通りサプリメントしていくためのものであり、決して食事の代わりになるものではないという事を覚えておく必要があるでしょう。

広告