広告

生きるために必要な5大栄養素とは

植物は日光を浴びて自ら光合成し、自身の成長に必要な栄養分を作り出すことができます。

しかし人間である私たちはそうはいきません。

生きていくためには食べることが必要不可欠であり、食物から必要な栄養分を摂取する必要があります。

生きるために摂取が必要な栄養素は大きく分けて5つあります。

タンパク質を始め、脂質、糖質、ビタミン、そしてミネラルです。

その1.タンパク質について

タンパク質によって人間の体が作られているといってもいいほど大切な栄養素です。

体を支える筋肉や、様々な食物を消化し栄養分にする内蔵部分もタンパク質が構成しています。

よく健康分野で話題になるコラーゲンや酵素といったものもタンパク質の種類に属しており、サプリメントにも配合されています。

体を作る原材料、そして代謝を促進するための原動力となるのがこのタンパク質です。

生きていくために必ず食べなければならない栄養素の代表と言えるでしょう。

その2.脂質について

ダイエットや減量中の方にとって脂質はないほうがいいのでは?と思うところかもしれません。

しかし、脂質はエネルギーを体内に貯めておく機能を持っており、細胞膜を作るために必要な栄養素なのです。

体内のスイッチをオンにするホルモンやサイトカインといった物質も、脂質がなければ作ることができません。

ちなみに、多くの糖質はブドウ糖から合成して自ら作り出すことも可能なのですが、作り出せない脂肪酸もあります。

こういった特殊な脂肪酸に関してはやはり食べ物から取り入れなければならないのです。

その3.糖質について=炭水化物

体のエネルギー源となるのが糖質です。ごはんから摂取するでんぷん、糖分はそのままエアミノ酸をつくる大事な原料にもなります。

その4.ビタミンについて

体によいと謳われている物質の代表格、ビタミンには様々な種類があります。

その主な働きとは体内の化学反応を促す酵素の働きを活性化させるです。

ビタミンは13種類あり脂溶性と水溶性に分かれます。

ビタミンA、D、E、Kが脂溶性、ビタミンB8種類とビタミンCが水溶性です。

体に必要なビタミンの量はタンパク質など他の栄養素よりも少量で良いのですが、なくなると困るのが特徴でもあります。

貧血や倦怠感、肌荒れ、骨の病気にも発展することがあります。

一日に必要な摂取量はだいたい数mgで済むので普通の食生活を送っている場合は問題ありませんが、不規則な食生活、特に加工食品や冷凍食品ばかりの人はビタミン不足に陥らないよう気をつけるべきです。

その5.ミネラルについて

炭素、酸素、水素、窒素、これらは人間を構成する主な元素ですが、人間が体内で必要とする元素がミネラルと呼ばれている成分です。

よく知られているのがカルシウムや鉄ですよね。

カルシウム不足になると骨粗しょう症になってしまったり、鉄が不足すると貧血になってしまったり、このようなミネラルも欠かせない成分です。

ナトリウム、マグネシウム、カリウム、セレン、硫黄などなど、体内の化学反応の手助けを行う役目も果たしています。

その他にも・・・食物繊維

十分に摂取することが推奨されるようになっています。

食物繊維には更に消化を促進する働きがあります。

便秘の改善や腸内環境を良くしたり5大栄養素にプラスして積極的に摂取したい栄養素です。

広告