広告

【定期的チェック】乳がん検診の重要性

一昔前までは、癌は不治の病とされてきましたが、現在では様々な検診方法や治療法が発見され、早期発見と早期治療が可能な病となっています。

早期チェック

こうした中でも乳がんは検査や治療が大切な効果を持つがんで

正気に発見することができれば、5年後も生きている割合である「5年生存確率」は95%とされています。

このようなことを考えてみても、乳がんに対する検診を行うことは、乳がんに対する有効な手段といえるでしょう。

もちろん、乳がん検診も万能というわけではありませんので、その特徴をよく理解しておくことが必要になります。

「マンモグラフィ」

こうした乳がんの検査で最も有効的であるとされている検査が

「マンモグラフィ」

になります。

マンモグラフィは、公的な乳がん検診とされ、乳がんによる脂肪を減らす手段とだれています。

日本では、40歳以上の女性に対して、2年に1回の乳がん検診を行っておりここで「マンモグラフィ」の検査を受けることになります。

マンモグラフィは乳房にエックス線撮影装置を用いることによって行われる検査で、いわゆるレントゲン撮影になります。

このために「デンスブレスト」と呼ばれる乳腺の密度が高くなっている状態の場合では、がんが発見しにくいという欠点があり、とくに若い人ではこの傾向が多いため、その有効性が失われ、例えばがんではないものをがんの疑いがありと診断してしまうこともあります。

このような場合には、より高度な再検査を受けなくてはならず、検査費が多くかかってしまうために、これによって検診から足が遠のいてしまう事があることもあります。

こうしたことから、定期検診は40歳以上からとされており、特に50歳以上であれば、母乳を作り出す乳腺の密度が薄くなるため、デンスブレストの状態がなくなり、より効果的な検診を行うことができます。

40歳代の場合には、まだ乳腺密度が濃い可能性があることも考えられるため、誤診による再検査などによって、医療費がかさんでしまうこともあります。

また、自分の乳腺の状態を知るためにもマンモグラフィは効果的です。

マンモグラフィで乳腺の密度や状態を知っておくことにより、実費にはなりますが、マンモグラフィだけでなくエコー検診や、CTスキャン、MRIなどの検査を、医師と相談のうえであらかじめ組み合わせておくことにより、乳がんの早期発見に役立てることができるでしょう。

2年に1回

こうした乳がんの検診は、国の指針によると2年に1回となっていますが、この検診期間の間に、別の検診などでがんが見つかる場合があります。

こうしたものを中間期乳がんと呼んでおり、例えば毎年の検診をしていてもその期間内に乳がんが発見されることがあります。

定期的な検診を受けているにもかかわらず発見されることから、検診の見落としと思いがちですが、実際のところは検診の見落としが起こることは稀です。

実際にこうした見落としが起こる場合には、先の例にも出てきたデンスブレストなどによって、がんが発見しにくい状態になっていたり、極めて小さな乳がんの場合にはその診断が難しいこともあり、このような事象がおこることがあります。

乳がんの検診は、早期発見によって大きな効果を期待することができるものの一つになりますが、こうした特徴や欠点があることもしっかりと認識しておくことが大事なのです。

広告