広告

【実は知らない慣例】香典返しに選ばれる日本茶

お茶が選ばれる理由は仏教との縁?

お香典は、葬儀に参列した際に死者の霊前にお花やお線香の代わりに供えるもので、現在では不祝儀用ののし袋に現金を入れてお渡しするというのが一般的です。

そのお香典に対してお返しするのが「香典返し」、お香典の半額程度のお返しを「半返し」とする慣習が長く続いています。

その歴史は、葬儀に参加しお手伝いしていただいた地域の人たちへの感謝から、食事や酒、饅頭やお茶をふるまったというところから由来しています。

現在ではライフスタイルも変わり葬儀の形も簡素化され、香典返しには手軽で保存の効く物などが送られるようになり、日本茶やタオルといった生活用品などが好まれる傾向になっています。

特にお茶は香典返しによく選ばれる商品です。これは全国どこの地域においてもその傾向が強く、お茶の種類の豊富さや価格や価値に幅があること、高齢者から若者世代、家族向けなど様々な人にも受けるという理由からです。

また、お茶には仏教と深くつながりがあるということもあり、仏事にはお茶という定番にもなっています。

日本茶は禅宗の修行僧にも親しまれていましたし、ある種の薬として五臓六腑に効果的とされ寺院でも売られるようになりました。

寺院にある仏壇にも茶湯器が用意されているように、お茶を通して仏縁を得るという意味も合わせ持っているのです。

また親しい間柄を比喩した「茶のみ友達」という言葉があるように、親しみをこめて送る商品としてもお茶が好まれているというわけです。

香典返し最近のトレンドは

今でもまだまだ定番となっているお茶ですが、中には葬儀で出されたお茶は好きではない、日本茶よりもコーヒーや紅茶が主流、という人もいるためあえてお茶を選ばない人も増えてきました。

最近では軽い、簡単、シンプル、個包装、といったキーワードが香典返しに求められています。

これは単身者や高齢者のみの世帯、子供がいない家庭などが増え、コンパクトで使える商品を重視した傾向が表れているからです。

乾物類なら鰹節やこんぶ、お菓子ならクッキーやチョコレート、せんべいなど個包装されているものが選ばれていますし、食品類ならスープなどのレトルトパックは保存も効くので重宝されています。

香典返しに金券類はタブーだったが・・・

香典返しに商品券や金券はあまり好まれていないものでしたが、現在では逆に金額が明確なので合理的なお返しだとして利用する人も多くなっています。

地域によっては金券類などが香典返しでは主流になっているところもあれば、カタログから好きなものが選べるカタログギフトという形の香典返しも増えています。

カタログなら金額が露骨に表示されていることもない上に、送った相手が選べるというメリットもあり最近ではよく使われている傾向にあります。

広告