広告

【家を購入】住宅ローンの45歳の壁

家を買うという事は、人生の中で最大の買い物の一つであることに間違いはないと思いますが、多くの場合は資金の関係から住宅ローンでお金を借りて手に入れることになります。

住宅ローンのを組む場合、返済期間などの関係もあり年齢が遅くなればなるほど、借り入れに慎重になることは間違いありません。

インターネットの検索サイトで検索を掛けてみると、「45歳」と「住宅ローン」というワードがよく出てきます。

住宅ローンは資金を借り入れることになるため、融資を受けるためには様々な条件が存在します。

国籍や収入の要件、住宅ローンの資金の使い道や、融資される期間、その金額、融資期間の金利なども大きな条件の一つになるでしょう。

また、購入したり建築予定になっている住宅にも様々な条件が付くこともあります。

このようなものの中に、申し込みの資格として申し込み時の年齢という条件が存在します。

このもう下期時の年齢という条件設定は多くの住宅ローンが設定しており、「融資期間15年以上で、かつ35年か、80歳から申し込み年齢を引いた年数の短い年数」を条件の一つとして挙げており、これにより45歳という数字が出てくるのです。

例えば、融資期間を最長の35年で利用するとき、完済時期の年齢が80歳が上限となるので、45歳が住宅ローンを組むリミット、つまり壁になるという事になります。

こうしたことから、検索サイトなどでのワードに45歳と住宅ローンというキーワードが並ぶことになるのです。

それでは、45歳で住宅ローンを組む場合には、どんなことに注意を払う必要があるのでしょうか。

通常、住宅ローンの融資を受ける場合には、いくら借りるのか、どのぐらいの期間で借りるのか、金利を何%にするのか、という事が焦点になりますが、特に、どのぐらいの期間を借りるのか、つまり、返済期間をどのように設定するのかという事は、大変重要なことになります。

これは45歳に限ったことではありませんが、80歳までの住宅ローンを利用することができたとしても、それが返済可能な計画であるかどうかは、また別の問題となってくるでしょう。

多くの場合、60歳、65歳という年齢で定年を迎え、ほとんどの人は働いての収入がなくなっているか、減っていることは明らかであると思われます。

こうした状況下で、住宅ローンの返済終了までにどのような仕事をして収入を得ていくのか、繰り上げによる返済は可能なのかという事と合わせ、老後の資金はどうするのかという事も含めての人生設計が必要になります。

現代はライフスタイルも多様化し、40代で結婚をする人たちや、高齢出産を行う人たちもいます。

こうした場合には、現在が収入のピークであると考え、ここから逆算をして老後資金や教育資金を貯めておいたり、頭金を多く入れるなどして、住宅ローンの額を調整しておかなくては、リタイヤした後まで大きなローンが残るために注意が必要です。

また、このほかでの注意点としては、融資を受ける人の健康状態というものもあります。

多くの住宅ローンでは、融資を受ける際の条件の一つとして生命保険への加入をあげています。

この生命保険の加入には、当然、健康の状態が考慮されるために、大きな病気をしていたり、さまざまな健康診断の結果によっては、加入が認められない場合があり、生命保険に入ることができなければ、住宅ローンでの融資を受けることもできないため、健康状態を良好に保つという事も、必要なことになってくるのです。

45歳という年齢では、健康上の問題も如実に現れるようになり、こうしたことによって住宅ローン自体を組むことができなくなる可能性もあります。
もちろん、生命保険への加入が必要ではない住宅ローンもありますが、返済が終わるまでの長い期間のあいだに、万が一のことがあった場合には、ローンの残債を遺族が肩代わりすることになるため、充分な配慮が必要になるでしょう。

広告