【赤ちゃん】離乳食を上手に食べさせるポイント

それまでの母乳やミルクから、いよいよ自分の口を本格的に使って食べていくための練習段階である離乳食。

しかし、その練習である離乳食での食事に、なかなか慣れないでぐずってしまう子や、どうにも気に入らないと暴れてしまう子もいると思います。

大人からの視線であれば、ミルクから離乳食の違いなんて小さなことだと思ってしまいがちですが、それまで口にしたことのないものを、初めての方法で食べていくということは、その全てが未体験の出来事。

例えば大人でも、明日からの食事が全て点滴だけになる、と言われて、毎回点滴を持ってこられたら、食事そすることが嫌になったり、ちゃんとしたご飯でなくては満足できないと文句を言う事でしょう。

生まれてばかりの小さな赤ちゃんであれば、これはなおさらのこと。

なかなか食べてくれなくて、お母さんもちょっとイライラしてしまうこともあると思いますが、こんな時には赤ちゃんと一緒の目線に寄り添って、離乳食を食べない理由から考えていくと、うまく解決することもできます。

よく、お母さんが食事の支度をしても、そわそわして動き回ってしまい、なかなか離乳食を食べ始めてくれないということがあります。

これは、赤ちゃんがまだお腹が空いていなかったり、遊びに意識が残っていたり、まだ離乳食がよくわかっていなかったり、食事をすること自体に慣れておらずに抵抗感がある時によく見られる傾向と言われています。

こうした場合には、まず赤ちゃんに食事をすると言うことをわかってもらうために、食事を習慣づけることが必要になります。

毎日なるべく同じ時間に、貯める食べないに関わらず、食事をするリズムを作ってあげることにより、意識が少しずつ食事へと向くようになります。

また、食事をする際にミルクを与えすぎないようにすることも、離乳食に関心を向けさせる方法の一つになりますので、どうも食事に対する認識が薄いようであれば、こうした方法を試してみるのもいいでしょう。

食事の時間は何と無く慣れてきたようだけれども、どうも赤ちゃんがむずがってしまって周りを汚してしまったりすることもあり、こうなってくると、母さんにも余裕がなくなってついイライラしてしまうことも起こりがちです。

こうした余裕がない時の感情は、赤ちゃんにも伝わりやすいもので、お母さんの状態に合わせるようにして、イライラしたり落ち着きがなくなってしまうこともしばしばです。

こんな場合には、ゆっくりと食事に付き合ってあげられる時間を取り、また、たくさんこぼしたり汚したりして食べても大丈夫なように、赤ちゃんの周りに汚れても良いタオルなどを広げておき、お母さん自身にもゆとりと安心を与えるような準備をしてみましょう。

赤ちゃんは、日々に生活の中で、実に様々な情報と触れ合い、それを一生懸命に頭の中に取り入れようとしていきます。

特に、ものを食べるという行為は、生命を維持するために欠かせない事柄であるために、赤ちゃんは離乳食を食べながら、とてもたくさんの勉強をしているのです。

例えば、金属のスプーンなどは口にあたる感触や温度などから苦手な子も多いですし、突然に口の中に食べ物を入れられてしまえば、びっくりして吐き出して、警戒心を強めて食べるのを嫌がってしまうでしょう。

いろいろなものを味あわせてあげいくうちに、喜んで食べるものや、嫌いな食べ物が出てきます。

こうした時には、毎回の食事に好物のものを取り混ぜながら、嫌いなものを一緒に食べさせたり、細かく刻んだりして口当たりを変えてみるのも方法の一つです。

また、赤ちゃんの一人一人の成長が違うように、離乳食の取り方や好みもそれぞれに違いますので、実際に食べさせていきながら、いろいろなことを調整してあげるとで、より良い食環境を作ってあげることができます。

赤ちゃんの食事をさせてあげながら、お母さんも一緒に喜んであげたりすれば、離乳食を食べるのは楽しいという感覚を覚えていくため、より楽しく積極的に食事をしてくれることになるでしょう。