安心した生活のための5つの防犯ポイント

住まいに求められるものは、居住性や快適さなどが大きな要因になりますが、外界の脅威から身を守るための防犯性というものも、日々の生活に大きな安心をもたらすものとなります。
泥棒や侵入者などによる被害のリスクを回避するためには、様々な防犯のポイントがあり、そうしたものの中から5つをまとめてみました。

1.家周りを防犯性の高い建具に取り替える

最近の住居は、空き巣などへの防犯対策の一環として、ベランダやバルコニーなどの建具に、透過性の高いものを用いる傾向があります。
外からも内からも見えることにより不法侵入の可能性を下げ、また、二階建て以上の住居であれば、上階に上がれないように足がかりになるそうなものを極力省くように設計されていますので、リフォームなどをする際にはこうしたものも検討してみましょう。

2.外壁やガレージのシャッターにも気を配る

空き巣などの侵入を防ぐためには、高い外壁が効果的と思われがちですが、実はその様な壁は一度侵入してしまえば逆に格好の隠れ蓑になってしまいます。
こうしたことから、壁の半分が格子のようになっている外壁が防犯に効果を発揮すると言われています。
また、ガレージのシャッターなどはCPマークのついた「防犯建具部品」の製品を取り付けることで、利便性を安全性を確保することができます。

3.ガラス窓にも対策を施す

家屋に侵入し物品を盗んでいく空き巣は、クレセント錠がついただけの通常の窓ガラスであれば十秒ほどもあればガラス破り、錠を開けて侵入をしてしまいます。
こうしたことを防ぐためにも、ガラスとガラスの間に特殊なフィルムを挟み込んだ防犯ガラスなどにリフォームする事が理想ですが、こうしたことが難しければ、内側から防犯フィルムを貼るか、補助錠などをつけて窓自体を開けにくくするすることで効果を挙げられます。
なお、扉などがあかずに空き巣が侵入を諦める時間はおおよそ5分であると言われているために、侵入に時間がかかれば掛かるほど、効果が高まります。

4.家周りの整理整頓を行う

空き巣などが入りやすいと考える家は、人の気配がなく、身を隠せる場所があり、雑多になっている家ということだそうです。
これは「割れ窓理論」とも呼ばれており、「建物の窓が壊れている状態を放置していると、その建物は管理がされていないと思われて、他の窓も割られるようになる」という考え方から、こう呼ばれています。
こうしたことから、玄関や庭などの家周りを綺麗にし、整理整頓を行っておくことにより、空き巣などのターゲットになりにくい環境を作り出すことができるのです。

5.インターフォンなどをカメラ付きのものに変更する

玄関周りのリフォームなどをする際には、インターフォンをカメラ付きのものにすることで、実は防犯の効果を上げることができます。
空き巣などは、家の中に人がいるかどうかを確認する際に、インターフォンや家のチャイムを鳴らして反応を伺うのです。
こうした空き巣の下見を防ぐために、インターフォンにカメラ付きのものを設置することで大きな防犯効果を得ることができます。