歌が苦手でもカラオケで“高得点”は出せる!?

カラオケの採点…
歌は苦手だから“高得点を狙うのはムリ”と諦めていませんか?

今回は、そんな方のため「ちょっと歌は苦手…という方でも、カラオケの点数アップがカンタンに出来ちゃう方法」をお教えしたいと思います。

バラードを選べ!

カラオケの採点は機械が行うもの。機械は、タイミングや音程など色々なポイントをチェックして点数を弾き出しています。
なかでも、とりわけ得点と大きく結びついているのが“音程”です。そのため、(うまくビブラートをきかせたり抑揚をつけたりできなくても)とりあえず音程を合わせることができれば、十分に高得点を狙うことは可能!

高得点を出したいなら、音程をとりやすい“ゆったりめバラード”を選ぶといいでしょう。

アップテンポの曲を選ぶと(リズムに乗ることで精いっぱいになり)音程合わせに意識を集中させづらくなってしまいがちですが、曲調が安定したバラードでなら音を合わせることにシッカリ集中できるため、音程のズレによる減点を減らせるのです。加えて、サビに向けて盛り上がりがあるバラード曲を選べば、曲自体が持つメリハリを利用して採点機能の「抑揚」加点を稼ぐこともできますよ!

キーを自分の声の高さに合わせるべし!

原曲のキーが、自分の声よりも「すごく高い」または「すごく低い」ときには、自分の声に合わせ“無理なく歌えるキーに調節”しましょう。
原曲通りに歌いたい…と思うかもしれませんが、ムリして原曲キーのまま歌った結果、肝心のサビ部分の高音で声がひっくり返ったり聞かせどころの低音部分で声が全くでなかったり…ということになれば、高い点数は狙えません。

よって「この曲、キーが高すぎて/低すぎて歌いにくいな」と感じたら、ムリせず声を出すことができるキーに変更を! キー変更は一切採点に関係ないため、安心してキーは調節して大丈夫ですよ。

ビブラートが苦手なら避けるべし!

さらなる加点を狙ってトライしたいのが「ビブラート」!
ですが…、このビブラートへの挑戦は諸刃の剣だといえるでしょう。
成功すれば大きな加点が得られる一方、失敗すれば大きく減点される恐れが…。

加点をねらって効かせたビブラートも、機械に“単なる音程のブレ”と判断されてしまえば逆効果…減点対象となってしまうのです。

従って、無理をしてまでビブラートにチャレンジする必要はナシ!

音程をシッカリ合わせて減点を避け、基本の点数をシッカリ稼いていったほうが高得点につながりやすいため、ビブラートに苦手意識があるなら「ビブラートはナシ」でいきましょう。なお、ビブラートをやめた箇所では、かわりに“音をハッキリ・まっすぐ”伸ばすよう意識してみてください。
難しいテクニックにチャレンジするより、きちんと音を捉え安定感をもって歌うことに重点を置くのです。すると、減点が少なくなり高得点が期待できますよ!

ガイドに合わせるべし!

カラオケの音源は、原曲の譜面をもとにカラオケメーカーが作成しているもの。
そのせいで、どうしても原曲とリズムが微妙に違っていることがあるんですね…。
でも、言うまでもなく…カラオケの点数は“カラオケ音源とどこまで合っているか”で決まります。ですから、高得点を出したいのなら、原曲ではなく“カラオケのガイドメロディ”に上手く合わせて歌う練習を! 表示されたガイドメロディの「音程バー」を見ながら、そのバーの上に自分の声を乗っけるような気持ちで歌ってみましょう。
コツがわかれば、自分でもビックリするような高得点をたたき出すことも夢ではありません!

以上、カラオケで高得点を狙う方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

カラオケの得点は、人ではなくマシンによって出されるもの。
そのせいで「技巧をこらして歌い上げても点数が伸びず、ガイドに合わせて淡々と歌った方が高い点数が出る」…といったナンセンスが生じてしまうこともありますが、でも…だからこそ、採点の仕組みを知り・ちょっとしたコツさえ掴めば高得点ゲットは可能!

“歌が苦手…”という方でも、けっこう高い得点が狙えます!

ぜひ、歌は苦手…という方も、いちど上記を参考に“高得点”を狙ってみてはいかがでしょうか?