災害ボランティアでのポイント

ボランティアと呼ばれる活動には様々なものがありますが、そうしたものの一つに災害ボランティアというものがあります。
近年では、大きな地震が続いたり、台風や洪水、土砂崩れなどによって、日本の各地に大きな災害による被害が発生しています。
こうした未曽有の状況に対し、被災した土地の復興を支援する気持ちに従って行われるものが、災害ボランティアになります。

多くの人々が「何か自分でも役に立てるのではないか、助けることができないだろうか」という考えが浮かび、つい行動を起こしてしまいたくなります。
しかし、特に現地での支援活動を行う災害ボランティアに参加する場合には、様々な注意点や、心がけるべきことなどがあります。

まずは、支援活動をするために、様々な情報収集を行う必要があります。
被災地においては、引き続き災害が発生する可能も高く存在しているために、しっかりとした情報をつかんでおく必要があり、また、被災した人たちのサポートを行うために、その人たちが何を望んでいるのか、例えば、交通などの復旧作業や、居住区域の清掃、炊き出しや援助物資の受け取り、仕分け、配送の具合などの状況をしっかりと把握しておかなくてはなりません。

これらを把握せず、やみくもに動いてしまっては、逆に支援活動の妨げになることも多く、こうしたことを避けるために、被災地の役所や公的機関、ボランティアセンター、災害対策本部など、被災状況の情報などが集約されている所に注視し、インタ―ネットなどを利用して調べるのがいいでしょう。
こうしたところでは、ボランティアの募集要綱や、現地での対応、就業場所や受付窓口などの情報を提供しています。
こうしたところで情報を集め、電話での問い合わせが可能であれば問い合わせなどを行い、しっかりとした準備を行うことをお勧めします。

多くの場合、災害の直後は活発にニュースが報じられるために、災害ボランティアに参加したいと思う気持ちも強くなりますが、こうした時期はまだ被害全体の状況委が把握できていない場合が多く、また、災害が連続したり、二次災害に巻き込まれる危険性も多く残っているために、ボランティア自体を受け入れていないことがほとんどです。
時間の経過とともにニュースなどからもたらされる情報も少なくなり、災害の発生自体は沈静化しますが、実際に災害ボランティアが必要とされるのは、この災害の後の復興の支援になりますので、災害直後にあわててボランティア活動に参加しようとするのではなく、しっかりと情報を集めて、万全の態勢で的確な参加をすることが何より効果的になります。

実際に災害ボランティアに参加する場合には、様々な状況を想定しておく必要があり、被災地における日常生活が困難な状況下において、自分自身の身の安全と状況の安定を確保しつつ、被災地を助けるということができなくてはなりません。
ですので、服装や装備にも様々なことを想定して用意するのがいいでしょう。

例えば工事現場などで利用される服装、長袖や長ズボン、足元のしっかりした靴、ヘルメットや帽子、マスク、ゴム手袋や軍手などの手の保護も考えるべきでしょう。
また、このほかにも着替えや応急セット、タオルや河童などの雨具などがあればとっさの対応ができますし、これらを入れられて活動を邪魔しないリュックサックは必ず必要になると考えられます。

また現地に赴く際には、交通手段や宿泊施設などはしっかりと確保しておきましょう。
当たり前ですが、被災地の近くには宿泊できる施設などはありません。こうしたことから、遠方からのボランティアは受け付けていないこともあり、宿泊と交通の確保ができない場合には、その確保ができる状態になるまでは待つのがいいでしょう。
特に、被災直後では現地に来るまで乗り入れてしまうと、緊急車両などの邪魔になりことがあり、それによって緊急性を要する被災状況をさらに悪化させてしまうこともありますので、自家用車で乗り付けることは避けるべきです。

災害ボランティアに参加する前には、ボランティア保険に必ず加入するようにしましょう。危険地帯での作業になりますので、ボランティア活動中に事故に遭ったりけがをすることもあります。
ボランティア保険では、活動中と自宅との往復での事故や感染症などが対象になり、九十地域の社会福祉協議会で加入することができますので、被災地に赴く前に、まずは自分の身をしっかりと守りましょう。