飲酒後吐いてラクになる、その方法間違ってます

飲みすぎて吐いてしまった!原因はアルコールではない?

お酒はちょっとたしなむ程度がちょうどいい・・・とはわかっていてもその場の雰囲気や気分などで飲みすぎてしまうこともあります。調子に乗ってどんどん飲んでしまった後、具合が悪くなり結局吐いてしまったなんてことも。嘔吐してしまう、実はこれアルコールが直接の原因ではないということをご存知でしょうか。

さて、お酒などのアルコールにはエタノールが含まれているのですが、これがアセトアルデヒドという成分に変化することにより吐き気をもよおすことにつながっていきます。エタノールは消化管を通り肝臓で分解された時にアセトアルデヒドに変わります。

お酒を飲んだ後、すぐに気分が悪くなることや嘔吐するということはほぼありませんが、アルコールが体内に吸収されて数時間経つと、エタノールから分解されたアセトアルデヒドが徐々に嘔吐中枢が刺激し、吐き気を感じることになります。一軒目から二軒目に場所を変えるところで嘔吐しやすくなる、というところでしょうか。

アルコール通過と嘔吐で逆戻り、食道は二回被害を受ける

年の瀬になると何かと飲み会の場が多くなります。忘年会、送別会、新年会などイベントが多くなると飲酒する機会も増えますし、仕事も忙しくなる時期となれば体への負担も大きくなりがちです。特にお酒=胃がやられるというイメージが先行しますが、その前に通る「食道」への負担も気にかけておきましょう。

ビールに然り、日本酒に然り、お酒にはそれぞれアルコール度数が表示されています。この度数の高さによっては、食道粘膜や胃に大きく負担をかけることになります。特に粘膜には障害をきたすことがあります。胃はアルコールが通過さえすれば粘膜が修復され始めます。しかし食道の場合、嘔吐が起きることで更に粘膜が傷つくことになるのです。

胃液は強力、食道の粘膜をも溶かす

食道は嘔吐することでアルコールだけを戻すのではありません。胃の中で消化するために必要となる消化液、こちらも食道を通ることになります。食道の粘液は胃ほど多くはなく、保護されている膜は薄いものです。そんな脆弱な部分を、胃の消化を助ける消化酵素のような強い成分が逆戻りすることになるどうなるでしょうか。消化酵素にはタンパク質をも溶かす強力な作用があり、食道では通常タンパク質を溶かすような作用はありません。

嘔吐をすることによって、強力な消化液が食道を逆流し、食道粘膜が溶けてしまうという事態が起きてしまいます。
これが一過性の逆流性食道炎を引き起こすことになるのです。
この事態を避けるためには、食道の粘膜に付いてしまった消化液を水で流すこと、とりあえず水を飲むということです。水を飲むことで酔いを醒ます効果もあります。

危険な一気飲みはやめる

嘔吐をしないようにするためには、アセトアルデヒドの急上昇を防ぐことが第一です。

危険な一気飲みはやめて、自分のペースでゆっくり飲むことが大事です。ゆっくり飲むことで二日酔い防止にもなります。