広告

【あまり聞けない】再婚の前と後にあるもの

現代社会はライフスタイルも個々に多様化し、さまざまな人生の形を進んでいく人たちが多くなりました。

そうしたものの一つに、再婚があげられ、今の日本ではおおよそ毎年3組に1組の夫婦が毎年離婚をしている一方で、1年間に結婚をした人たちのうち、約4組に1組が再婚者と、もしくは再婚者同士の結婚となっており、再婚をするという事はもはや一般的な事柄といえるでしょう。

しかしながら、再婚する人たちにはまだまだ心の中に構えるものがある人たちも多く、どうしても再婚に踏み切れない、再婚したけれどもうまくいかないという人たちがいることも確かなのです。

慎重になってしまう

こうした人たちに多く見られる傾向としては、感情に惹かれることよりも、結婚の生活に重きを置いてしまうことによって、慎重になりすぎてしまうという事が一因になります。

一度の失敗という経験から、同じ轍を踏まないようにとするあまりに、慎重さが進んで優柔不断になってしまうという事もあるため、なかなか再婚がうまくいかないというケースも多くあります。

初婚の場合の多くは感情に左右されることも多く、勢いもあったため、他人である相手の様々な事柄を受け入れて親和させていく柔軟さがありますが、再婚の場合には失敗が念頭にあるために、どうしても自分の中に柔軟さがなくなっているのです。

例えば、初婚の際に相手の性格などをよく知らずに裏切られたり、若気の至りで結婚そしてしまった結果として、自分の擦り合わせが間に合わなかった場合などは、相手に対して自分の理想通りのイメージを要求するために、なかなか新しい関係が築けなくなります。

特に、初婚で妥協をして結婚をしている場合にはこの傾向は顕著であり、再婚に対しての理想が高くなってしまうために、なかなか相手のダメな部分を容認したり、話し合って解決するという回答が出なくなってしまうのです。

前の記憶

もし再婚が失敗してしまったらどうしよう、という想いも、再婚の前には大きなプレッシャーになり、これが原因で相手を選ぶことができないという人も多くいます。

離婚をするという事は、とてもつらくまた強い力を必要とするもので、離婚に至るまでの期間や理由などは様々ですが、その辛さは大変重いものです。

こうしたことがあり、もし再婚してもこれが上手くいかなかったらどうしようという、失敗のイメージが払拭できないのです。

また、いわゆるバツイチまでは何かのトラブルでという許容される要因が大きいものの、もし2回の離婚となってしまった場合には、性格的に問題があるのではないかと思い悩んでしまう部分もあるのです。

離婚を体験したことにより、そのダメージそのものから、再婚に踏み切れないというケースも多くみられるものになります。

特にこうした場合では、前の離婚の失敗からある回答、正解を心の中に持っていることが多く、その正解を求めすぎるあまりに再婚をすることができないという事も多々あります。

もちろん、結婚の生活やスタイルなどに正解というものはなく、同じ夫婦であっても時間や状況などによっていかようにでも変化していくのです。

こうしたことが引っかかってしまうと、どうしても再婚に踏み切ることができなくなってしまうのです。

また、無事に再婚をしたとしても、その後の結婚生活において、再婚の場合にはいろいろなポイントを注意しなくてはなりません。

例えば浮気や金銭トラブル、DVなどの問題についても、再婚の場合には初婚の時よりもより敏感に感じてしまったり、あえて見逃してしまったりといったように、結婚、再婚という事柄に縛られるあまりに正常な判断ができないことが多くあります。

もし結婚をしたい相手が現れたのならば、まずは同棲などをして共に生活をしてみるのもよい手段といえるでしょう。

一緒に生活をすることによって、お付き合いをしている期間とはまた違う相手の様相が見えてくることもありますので、お互いに無理がなく、問題は話し合うことができる夫婦生活を営むためにも、いろいろと試してみるのがいいでしょう。

広告