広告

【ストレス解消法】脳科学でみる効果的10テクニック

● 音楽を聞いてリラックスしよう

ゆったりとした音楽を聴くと、心も体もリラックスされ、ストレスを解消する効果が得られます。これは、音の旋律のなかに大小と強弱が様々に変化していく揺らぎの周波数があり、この周波数は人間の生体リズムや心臓の鼓動、また自然界においても、風の流れや川のせせらぎ、生き物の鳴き声などにも多く見られ、この周波数が互いに合致することで、一体であると認識し、安心感を増幅させるという効果があります。

こうしたものの中に「1/f ゆらぎ」という周波数があり、この周波数は人の交感神経を刺激して自律神経を調和する働きがあることが知られており、脳や身体をリラックスさせます。ゆったりとした音楽を聴くことでα波(アルファ波)と呼ばれる脳波が発生することが知られていますが、こうしたα波は心身ともにリラックスし安らいでいる時に発せられるため、こうした「1/f ゆらぎ」の周波数が入った音楽が、ストレスを解消しリラックス効果があるという事を証明しているともいえるでしょう。また、こうした音楽の効果は、ミュージックセラピーとしても利用されており、痛みの感じ方を変えるという性質もあることから、医療の現場でも取り入れられているのです。

このように五感を刺激することでも、脳内を刺激してストレスを解消することができますが、このほかにも好きな音楽を聴いたり、カラオケで歌ったりしても、ストレスが発散されていく事が知られています。特にカラオケで大きな声を出し、様々な感情の乗った歌詞を歌う事により、心の中の枷を解き放って感情を開放することができます。こうしたものを心理学や精神分析の分野では「カタルシス効果」とも呼んでおり、ストレスの解消に大きな力を発揮するのです。
453Source: https://tamagoo.jp/pregnant/stress-during-pregnancy/

広告