広告

不安や心配が続くのはうつ病のはじまりなの?

人が生活を営んでいく過程において、様々なストレスや心配事にさらされることは多くあります。

多くの場合は、気晴らしをしたりストレスの発散などを行うことで、バランスをとることが出来るのですが、状況やタイミングなどの寄ってはそうした事から抜け出しにくくなってしまうこともあります。

どうもにも後ろ向きな考えしか出てこず、それをなんとかしようとしてもできない事に落ち込んでしまったり、暗い思いばかり浮かんでしまい、どうしても希望が見い出せないといったような状態が長く続くことがあり、こうしたものが2週間以上、絶え間なく続く場合には、うつ病の可能性が考えられます。

うつ病における微小妄想には、「貧困妄想」「心気妄想」「罪業妄想」という大きく分けて3つの対応があり、こうした妄想が続くと、食欲が減退してしまったり、眠れなくなってしまったりすることもあります。

貧困妄想は、お金に関することを極度に心配しすぎてしまい、そこから抜け出せなくなってしまうことを言います。

特に、お金がなくなってしまったらどうしようという考えになってしまい、実際には貧困の危機に立たされておらず、また、急な失職や病気などで収入を失ったりということがないにも関わらず、どうしてもお金に対する心配が尽きなくなり、今ある貯金や財産などスクになくなってしまう、このままでは生活をしていくことができないなど、強い不安と恐怖を感じるようになり、その心配から抜け出すことができなくなるのです。

心気妄想は、病気を心配するあまりに不安になるもので、病気になったら今までの生活が崩れてしまうのではないか、自分は病気で死んでしまうのではないか、と病気に対して過度な心配をしてしまうものになります。

ちょっとした痛みや咳などが続いたり、体調に不安などを感じると、それが何かしらの病気の初期症状ではないかと思い悩んでしまい、様々な本を読んでみたりインターネットなどで症状を自身で診断したりするようになります。

また、病院などで診断を受けたとしても、何かしらの病気であることを疑わず、健康であると言われても誤診ではないかや、何か大きな病気を隠されているのではないかと、疑心暗鬼になっていってしまうのです。

罪業妄想は、自分が何かしらの罪を犯してしまったのではないかと、自分を責める妄想を持ってしまうものになります。

仕事上や生活上で起こしてしまった小さなミスでさえも、強く自分に対して責めるようになり、何度やっても自分は反省しない、できない自分は罰を受けるべきだといったようにどんどんと自分を追い込んでいってしまいます。

また、自分の存在自体がやがて罪悪だと考えるようになることもあり、こうした場合には、あらゆることに対して罪の意識を感じるようになるため、非常に苦しい状況に追い込まれてしまいます。

こうした考えなどに囚われてしまい、体調に変調をきたすような症状がある場合は、無理をせずに精神科を受診することをおすすめします。

うつ病は、脳内の神経が動作の不具合を起こした際に生じると言われており、薬などを飲んで不安や憂鬱な状態を一時的に抑え、食欲が湧かない、眠ることができないといった状態を回復させることが望ましいとされています。

こうしたことを繰り返していきながら、不安の要素を抑えて、身体を健康に保てる状態を続けていくことによって、少しずつ回復することが出来るようになります。

また、精神科医などに話を聞いてもらい、適切な対処を取ってもらい薬をもらうということによって、安定を取り戻すきっかけにもなりますし、現在の薬は副作用や依存性、薬をやめたときに現れる不快感などの離脱症状なども少ないものがほとんどで、そうしたものも、医師が症状に合わせて処方を行っているために、安心して任せることが出来るのです。

このように、薬などを使いながら身体の調子を整え、気持ちの面も時間をかけてゆっくりと戻していきます。

おおよその場合は、処方箋を飲むことでリラックスしてきますので、こうしたものを使いながら、家族や身近な人に話を聞いてもらい、自分の考えや思い、気持ちを受け止めてもらうことも大切になります。

また、医師の相談によって、仕事を休んだほうが良い場合や、続けながら治療をしたほうが良い場合、また、カウンセリングなどを利用する事が効果的など、さまざまな治療方針を提示してくれますので、こうしたことを使ってまずはゆったりと過ごすことが大切になります。

広告