広告

30代女子にゼッタイ必要なスキルアップ

孔子の論語にもある通り、30代は自立の年代になり、この年になると人は自らの価値観で物事を考え、自らの足で立って、自ら方向に歩いていく事ができるようになると言われています。

10代20代は、学生であったり社会人の新人世代であったりするために、社会や環境に慣れていく時期ですが、30代になるとこれらのことを一通り体験し、この体験をもとに自分から判断をして、人生の方向性を決めて生活や仕事の質より高めていくことが可能になります。

こうしたことから、30代の女子は自分を磨いてスキルアップし、ここから先の人生をより純度の高いものにしていくことが、次の人生のステージへの足がかりとなり、例えば専業主婦であったとしても、今の年齢からスキルを取り込んでいけば、40代、50代といった人生経験も社会的地位も大きく向上した際に、その収入や立場について大きな差が生まれてくるのです。

逆に言えば、こうした次のステージに向けての準備期間が、30代の女子の時間であるとも言えるでしょう。

また、自分の方向性を定めてスキルアップをし、人生の質度を高くして焦点を合わせていくことで、毎日の仕事や生活にも大きな効果が出てくるのです。

こうしたスキルアップには、ある程度の自己投資が必要になりますが、ただ闇雲に投資をしても無駄になってしまうことは明らかです。

もし、判断に迷うようであれば、まずは自分の投資にかける金額を定めて考えるということも一つの方法になります。

仮に一ヶ月の収入の1割を自己投資のために使うお金と設定し、その中で出来ること、やりたいことを考えるのです。

この1割の自己投資資金は、一ヶ月で使ってもいいですし、貯めておいて大きな投資をしても大丈夫です。

例えば、セミナーを受講したり、本を買って読書をしたり、スクールに通うなどこのとは、毎月の資金枠で行なえますし、旅行に行って視野を広げる、自分を高めるために質の良いブランド品を身につけるなどの場合には、この資金を貯めて利用するのです。

こうすることにより、「自分の将来の成長のために必要なお金なのか、必要な経験なのか」というしっかりとした判断がつくようになり、無駄な自己投資を控えることができるようになるでしょう。

こうした自己投資を行っていく中で、もう一つ重要なことは、自分のやりたいこと、好きなこと、やっていて楽しいことを選択する、ということになります。

スキルアップを図るといっても、それを行っている時間も大切な人生の時間になりますから、苦行にように自分が辛いこと嫌なことをする必要はありませんし、また、将来お金になりそう、職にあぶれなさそう、というところから考えるのではなく、やってみたいこと興味があることをそのまま伸ばしていくのが望ましいのです。

人間は情報を精査して記憶していく生き物ですが、この際に、自分が嫌な情報は避け、好きな情報を取り入れていく傾向がありますので、興味がある事のほうがより効果的に覚えることができます。

30代での勉強は、10代、20代の頃のような、環境に合わせるために覚えなくてならない必須の勉強とは違い、人生を豊かにし、人間関係を築き、自分の中のさらなる可能性を引き出すためのものとなりますので、30代からのスキルアップを目指して、いろいろなものに自己投資をして、毎日の生活に充実を与えていきましょう。

広告