広告

40代。これからどう生きる?結婚・子供は?

晩婚化や未婚率の増加は、今や日本が抱える大きな社会問題のひとつ。

40代以降の未婚率も高く、2015年度の国勢調査によると…その値はおよそ下記のような結果になるとのこと。

男性 40~44歳 29.3%
   45~49歳 25.2%
女性 40~44歳 19.1%
   45~49歳 15.3%

さらに同調査から見えてきたのが、40代…とりわけ45歳を過ぎてからの女性の結婚の難しさ。

平成22年の時点で40代・未婚の男女の追跡調査をしたところ、5年以内に(平成27年までに)結婚していた割合は男性の方が圧倒的に多いことが分かったのだそうです。

さて、40代女性の結婚の前に大きな壁となって立ちはだかっているのは「キャリア」の問題。そして、何といっても“妊娠・出産率の問題”でしょう。

40代になると大きく下がってしまうのが“妊娠・出産のチャンス”

皆さんの中には「現代は、医療技術が進んでいるから大丈夫」、「卵子凍結や不妊治療がある!」と安易に構えている方があるかもしれませんが、実はそうした施術の成功率もまた残酷なことに40代になるとグッと低下してしまうのです。

日本産婦人科学会のデータによると、ART(体外受精)の成功率は30歳を過ぎたころから徐々に減りはじめ、その値は35~36歳ごろを境に一気に低下、40代後半になると、ほぼ0に近い水準にまで下がってしまうのだとか。加えて高齢出産になると、今度は流産をはじめとする様々なリスクが高まってきます。

つまり、現代医学の力を持ってしても、40代半ば以降の妊娠・出産成功は決して容易ではないということ。

この点が40代女性の結婚の大きな“重し”となっていると言えるでしょう。

また、上記でも触れた通り、40代を超えても男性は“金銭面に余裕がある”など条件が揃っていれば女性よりも結婚チャンスが多いのが現実。

よって、子供を望む男性は結婚相手に“より子供を儲けられる可能性が高い年下女性”を選びがちになり、これもまた40代女性の結婚を難しくさせている要因として指摘できます。

残念ながら“妊娠率が低い・妊娠リスクが高い40代女性”に“子供ができるまで一緒に頑張ろう”と言ってくれる男性は多くないのです。

そんななか最近は「子供をつくらない」という道を選択する40代女性たちも…。

子供をつくらないと予め決めたうえで婚活・結婚をする、(結婚後)身体にも金銭的にも負担がかかる不妊治療を諦め夫婦2人で暮らしていくことを選ぶ…

そうした生き方を選択する女性も増えています。

夫婦2人で楽しく暮らすという選択

近年は、晩婚化により子供に恵まれなかった夫婦、ムリをして子供をつくるのを止め

“2人だけの生活”

を選ぶ夫婦も増えており、旅行をする・共通の趣味も持つなどしながら2人での生活を楽しんでいる方々も実にたくさんいらっしゃいます。

40代以降の生き方の選択肢は様々

そこには「これが正解」という答えはありません。
色々な選択肢を探り、ぜひ自分らしい生き方を見つけて行っていただきたいと思います。

広告